世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ここはソマリア

今日うちの女性スタッフがはにかみながら

「私、妊娠しました」

と報告にきました。
初々しかったので

「Your first kid?」と聞いたら

はにかんだ笑顔のままで

「No, it is my seventh kid. Two already died」
(いいえ、私の7人目の子どもです。2人はもう死にましたけど)

・・・・・そうでした。ここはソマリアでした。

今日はスタッフのメディカルチェックをチェックしていて、
1人の誕生日が1996年になってたので、
さすがに彼は若いんだけど(見た目20代半ば)
1996年生まれ(14歳)ってことはないよねーと思って、確認したら

1966年の間違いでした。

43歳?!?!このスタッフ、見た目26歳くらいなのよ。本当に。
で、なんと43歳とは!
ちょっとどう考えても私より年上には見えないよ?!と言ったら

「いや、俺、子ども12人いますから」

見た目26歳で、実際43歳で、子どもが12人(妻二人)

・・・・・・・・そうでした。ここはソマリアでした。

って話をユスフ(セキュリティーオフィサー)にしたら

「今日俺さ、ドライバーのインタビューあったじゃん。1人の候補者で
14人子供がいて、39歳って人がいたよ。」←妻3人

よく冗談でサッカーチーム作れるくらい子ども作りたい、とか言うじゃないですか。
でも実際ここソマリアだと冗談じゃなくてサッカーチーム作れて、
おまけにベンチのバックアップまでできちゃう人数。

しかし28歳で7人目の子どもを産んでるスタッフや
12人の子供を育てている40代のスタッフを私が指導するってのも、
おごがましい気がしてならない。しかし、1人2人産んだところで、
ソマリ女性には全く太刀打ちできないっわー。太刀打ちしなくていいんだけど。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-07-21 22:34 | かるちゃー