世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

8月開始

今日はスタッフミーティング。
最近は月に二回くらいしかスタッフ総出席で
ちゃんと開けないので
ミーティングがあるときに課題を出して
スタッフの生の声を聞くようにしている。
普段から一緒のオフィスにいるから
風通しはいいと思うのだけれど
面と向かって聞きにくいことを
課題にして提出してもらえるのは
事務所長の特権(笑)

今回の課題は
1.今年達成した一番のこと
2.8月に達成したいこと
3.今年中に達成したいこと
4.どんなトレーニングに参加したいか
5.自分が事務所長だったらこの事務所のどこを変えるか

読んでて特に楽しいのは5番。
私のどこが悪いのか?じゃなくて
自分だったらどういうふうにしたいかと
課題の方向の視線を変えることで
スタッフがとっても饒舌にしゃべってくれる。
でもちょっとところどころに気遣いがあるのが
ほほえましい。Your management is excellent but・・・
そう、そのButのあとが聞きたいのよ。

びっくりするほどびっしり書いて提出してくるんだわ、みんな。
いろんなマネージメントのやり方があって
いろんなボスを見てきたけれど、
私が絶対避けようと思っているのが
「コントロールドラマに陥るパターン」
→恐れや威嚇でスタッフをコントロールするやり方。
マネージメントの立場にいる人間がもってるパワーを自覚しないことって
よくあることで、自分で無意識に権力を振り回しちゃうことってあるからね。
できる人であっても、怖い人は人望に結びつかない。
努めて自分の持ってる目線や言い方や態度をきちんと調節すること
ユーモアでくるむこと。
友達のようになろうというわけではなくて
ちゃんとある程度のコントロールは保ちつつ、敷居と壁を取っ払う。
「あなたのことに興味がありますよ」「期待していますよ」という
ジェスチャーがあると相手ががんばってしまうのは
恋愛攻略と一緒(←ネットの記事の応用)
それから叱り方。まずいことの指摘の仕方。
恐怖や恐れから生み出されるものは、萎縮するか面白くないもので
ダイナミックな行動や考え方を期待したいのであれば
自分が期待する答えを誘導するのではなくて
「I rely on you」とか「I trust you」ということを前面に出して
精神的にどーんとサポートしてあげること。
もし相手が間違っても、向うの自信を根こそぎつぶすような反応はしないこと。
ほめること、それからだめなところはOn the spotで指摘すること。
人格攻撃をしないこと。
頭のいい人はたくさんいるのだけれど
よいManagerとかLeaderってそんなにたくさんいるものではないのが現実。
自分の周りをみて、自分が気持ちよく成長させてもらったなと
思えるボスのよい習慣を踏襲する。
あ、あとは、こいついやだなと思った反面教師の習慣を覚えておいて
やらないようにする。

今読んでる、Ledership wisdomの本がとってもInspiringなのだ。
やっぱり経験から紡ぎだされる智恵とは別に
いろんな人の経験が凝縮してレクチャーされている
Leadership系の本は、毎日少しずつ読んで血肉にしたい。
だーと読めちゃうんだけれど、それだとだーと脳みそから流れちゃうので
(小説なんかだとそういう読み方で問題ないんだけど)
こうひっかかる言葉がある本はゆっくり咀嚼しながら読まないと
いけないよね。

というわけで、誰にも提出しない自己課題として
8月に達成したいこと

1.ハーフマラソンを走る(8月29日申込済)
2.日記をタイムリーに書く
3.毎日1人1通はちゃんとしたメールを書く
4.夜10時までに寝る日を週に2回は設ける
5.Weekly, monthly, M&E レポートなど期日を100%守る
6.メールを朝Inboxに入っていた数の50%に抑える
7.ブログを20は書く。英語ブログ再開
8.メールは読んだらすぐフォルダーに整理する
9.ソマリ語のCDのテストを終わらせる
10.美白タブレット・カルシウムを毎日飲む。水を2リットル飲む

今月は22日から一週間ナイロビで
そのあとビクトリア滝でハーフマラソンに出場予定。
いまのところ10キロしか続けて走ってないんだけれど
一ヶ月あれば調整できるはず。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-02 23:02 | ワタクシゴト