世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

すきっ腹にラクダ

というわけで断食3日目、順調に進行しております。
だいたい3時頃に強烈な空腹感に襲われ、
4時頃マックスに到達しますが
その後飢餓感は下降線をたどり、6時頃には空腹感消滅。
月末のハーフマラソンに向けて
一日置きに5時から40分~1時間走り、
走らない一日に腹筋背筋、縄跳び、腕立てをやる
ストイックな1人合宿生活をココ一ヶ月順調に続けてるのだけれど
昼食抜いて、運動すると、最初っから体に疲労感があって
走っててもだるい。
あー自分の体、充電足りてない!って感じ。
しかも、断食日からぴったり、生理だし。

自分の体の毒も鉄分も栄養分も
どんどん体外に排出中。
これ一ヶ月やったら脂肪率が下がりそう・・・

と思いつつ、断食明けのエフタール(食事)ですが、
こういう苦行のあとは

卵雑炊とか、七草のお粥とか
しじみのお吸い物とか、冷奴とか
もずくとか、ほうれん草のおひたしとか
そういう軽くて体によさそうな
やさしい食べ物が食べたくなるじゃないですか
日本人としては。

しかし、そんな日本人の甘ったれた望郷感を
こっぱみじんに吹き飛ばす
本場ソマリアの断食明けの食事メニューはコレ↓

ヤギの骨と頭で出汁をとったスープ(脂が浮いてます。味はいいです)
ヤギ肉のサモサ(日本で言うところの揚げ餃子、形△です味◎です)
パン
パンケーキ
ヤギのレバー、ピーマン炒め
マカロニケチャップ和え
ラクダのステーキ

飢餓感急上昇し、それから停止したすきっ腹に
こう、肉肉肉炭水化物炭水化物炭水化物どどーん、という。
これに、シリアル(ウィタビックスとかライスパフ)とかがついたり
パンケーキがチャパティになったり
ヤギ頭のスープがポテトとミルクのポタージュになったり
マカロニの代わりに、スパゲティだったり
最後のラクダが、ヤギ(ヤギづくし!)だったり
レバーのピーマンが代りにトマトになったりしますが
まぁ基本的に
繰り返しになりますが、肉肉肉炭水化物炭水化物炭水化物どどーん
なことには変わりありません。
それを砂糖が50%の甘いお茶で〆ます

ラクダ肉自体はくせがなくて(たまに固いんだけれど)やわらかくて
おいしいですけれど、サモサにしてもヤギの頭スープにしても
ラクダの肉にしても、
おいしい、エネルギー充電!ってだけじゃなくて
こう食べ物に「さっぱり感」「体に優しい感」が欲しいなー
←無駄な希望。

がんばれ私!
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-13 23:58 | かるちゃー