世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

凹処方箋

こういう環境にいると、というか
どんな環境にいてもだ
煮詰まったり、凹んだり、落ちることって
ままあることである。

ブログには明るく楽しいことばかり書きたいけれど
こう自分の中のバランスが取れない日ってのは
力技で前向き思考をひっぱりだしてきても
自分が疲れるだけである。
それを見せられても疲れるだろうし。

いつも前向き
いつも輝いていたい

というのは、無理。
凹むときは凹む。
落ちるときは落ちる。
それでよし。

ただ、それを未消化のままで巻き散らかさない。
仲のよい友達にこっそり、っていうのはありだけど
どうしようもない日々の愚痴を愚痴のままブログに
だらだら綴ってしまっている人を見ると
他人事ながら、「あちゃー」と思ったりする。
あんまり愚痴が続くので
で、一言上向きになりそうなこと書いたるか!と思うと
メッセージはアメンバー限定、とかになってたりするし。
いや、いいんだけど。
言葉って力があるから
あんまりマイナスなことばかり書いてると
ますますマイナス引き寄せちゃうんだけどね。

こういうときに役に立つのが
「二束+のわらじ」である。
なにをやっていも、
それだけが生きがいというか自分のアイデンティティの根っこになっちゃうと
それがうまくいかないときに、衝撃が大きい。
ヤワラちゃんは仕事も柔道も家庭もということで
欲張りが嫌いな日本人には叩かれているけれど
人の生き方として、やりたいことをいろいろやってみるということ自体が悪いわけではないのだ。
いいよね、お医者でジャズ歌手でエッセイも書いちゃう人、とか
OLやりながら、お料理本出してるくらいお料理がうまい人、とか
2人の子育てしながら、マイナー言語使って仕事しようとしてる人とか
なんていうか、本業以外に趣味は趣味なんだけれど、
ちょっと普通レベルより上くらいで
人様に役に立ったり、喜ばせたりできるっていいなぁと思うよ。

で、私は果たして何かにマルチか、というと
中途半端にいろんなものに手を出しているけれど、
どれもこれも素人レベル中か以下ってんで
誰かに誇れるとか、使えるレベルになってない。
仕事が煮詰まってるときは、
もう人道支援もポリティックスも官僚主義も全部
頭の中から追い出して、純粋にアートなこととかできたらよさそう。
瞑想とかヨガとかでもいいんだけれど、そういう自分完結型の引きこもり趣味じゃなくて
(それもやるんだけど)、なんか終わったあとにまとめて
人に「わー素敵」とか言ってもらえるようなことできたら楽しいよね。
自分が生きてる世界に溺れてしまわないための幅のある人間性というか、視点もつきそうだし。
自分が生きてる社会も、それだけでたいへんではあるんだけれど
それだけでキャパ満杯というかアップアップにしちゃうと
尾骶骨じゃないけれど、水かきじゃないけれど
私たちの精神もどんどん退化してしまう。

詩を書く、とか
絵を描く、とか
イタリア語でカンツオーネ歌うとか

・・・ではたと、そうか写真という手が自分にあった、と思いだした。
被写体はどうしても仕事がらみになってしまうけれど
どうにかしてもっと写真の腕をあげて
マニュアルで思い通りの写真がとれるようになろう。
で、今日はいろいろ「写真技術」についての研究をしてみた。

楽しい!
国連職員でフォトジャーナリスト、って響きよいなぁ
もしくは、別にジャーナリズムじゃなくて
白黒のアーティスチックな写真が取れるってのも素敵~
写真とともに、言葉のセンスも磨いて何か書けないかとか
いろいろ夢がふくらんできた

・・・とまぁ簡潔に言うと今日の午前中、かなり凹んでたんですが
仕事を忘れて、違うことにエネルギー注いでいるうちに
元気でてきた、って話でした。

あとね、個人的にあがる処方箋は
80年代の歌を熱唱すること。
なんていうか、あの時代の歌謡曲は
今聞いても全然古くなくて、
しかもがんばってたあの時の気持ちをぐぐーと引き出してくれるから、
一時間くらい、1人で歌うと元気になる。
できれば、振り付けつきで。
2丁目に初めて行ったときにゲイのお姉さんが歌ったMAXが
自分の中で伝説になってるんだけど、
職業レベルにする必要ないけど
エンターテイナーであるってとってもいい。

世界で一番暑い夏とか
今すぐKiss meとか
15の夜とか
夢をあきらめないでとか
ミ・アモーレとか
最近、レパートリーに入った抱きしめてTonightとか(これは踊れません)

・・・いやはや、80年代後半っていい時代だったよなぁ。
戻りたい、とかそういうことじゃなくて
単純にあの当時の曲って
はじけとぶエネルギーみたいのがあって
その時代の日本もどっか突き進んでたよね。
時代の空気がひねくれてなかった。問題はいろいろあったわけだけど。

ところで、安部なつみが歌ってる今井美樹のカバーの出来が
思いのほかよいのでここで紹介

Piece of my wish (安部なつみカバー)

疲れているときは、体を動かそう。

歌って踊れて写真もとれる仕事人を
原点に設定した2010年8月もう21日。

では、よい週末を!
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-21 16:23 | ワタクシゴト