世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

黒魔術狂奏曲

先週オフィスでサンダルがぬげて片足が裏返ってるところに
ユスフが飛んできて、サンダルを元に戻して一言

サンダルが片方だけ裏返しってのはBad luckだよ

おお、ありがとう。

今週オフィスではさみをつかって、はさみがとじてない状況で机においたところ
隣のブルンジの同僚が慌ててはさみを閉じてくれて一言

みお、はさみは終わったあとに閉じないとBad luckなのよ

おお、ありがとう。

こういう小さな迷信というか慣習はどこの国にもあるのね。
ほら日本でも箸をごはんに刺すのはダメとか
出かける前につめを切るのはよろしくない、とかあるように。

パキスタンが決まったときにも

あんまりみんなに言うと嫉妬で狙われるから
いいことはあんまり言ってはいけないよ

といわれたりしたのですが、
パキスタン行くってそんなに華々しくないし
(パリやミラノに遊びに行くってわけじゃないし、仕事よ~)
ほら、私こういう性格だから
ドラマなことがあると言いたくてたまらない人。
ただあんまり、驚かれなくなったのがちょっぴりさみしい今日この頃。
「みおとパキスタン洪水って全然Surprisingじゃないよねー」と
言われてしまうって残念~そろそろ路線を変更時か?

ケニアもソマリアも中東もこの

嫉妬からくる魔術

の力を結構信じている人がいて
たとえば素敵な彼氏彼女がいる、とか
お金持ち、とか
新しい仕事が決まった、とか
そういうありとあらゆる
ラッキーな状況にある人を、誰かが嫉妬することで
その人に不運がふりかかるということがあるあるって言うんだけれど、
私、トルコの魔よけの目のおまもりも持ってるし
阿豆佐味天神社のおまもりもあるし大丈夫。
何より、サンダルでもはさみでも
その場で飛んできてくれて
不運をひっくりかえしてくれる仲間がいるのが心強い。
不運から身を守る一番の防御は、自分を大切に思ってくれる、
自分が大切に思える家族や友達がいることだと思う。
どこでも、いつでもがんばれるのは彼らのおかげ。
パキスタンでもいい仲間に恵まれますように。

・・・今日頭痛気味だったので、もしやマラリアかと心配しましたが
新しく購入して頭にひっかけておいたサングラスが
頭を締め付けていたのが原因と判明しました。
友達にちょうど黒魔術のことをいろいろ聞いたあとだったので
「もしやこれは黒魔術では」と思ってしまった
自分が悔しいです。

というわけで体調も万全。
次はドバイかパキスタンから発信します。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-09-15 23:49 | かるちゃー