世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Love life, and Life loves you back

"Never be beggers of love, always be doners of love”

幸せの法則、というタイトルで友達から送られてきた一つの名言。
食糧も、水も、服も、住む場所も、生きるために大切だけれど
人が「幸せ」でいるために、不可欠なのは「愛」だと思う。
べた過ぎて笑ってしまうけれど、その笑いは心を軽くする。
自分を囲む大きな愛の存在に気づくと人は強くなる。
気がついていなくても
大きな愛に包まれていると人はやさしくなる。

被災地に足を運ぶ日々。
もちろん厳しい現状に文句をいう人もたくさんいるけれど
家族がいて、子どもがいて、おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて
配給の小麦粉をわけあって大きなチャパティを作って
みんなでしゃべりながら食べているその光景は
温かさに満ちていて、貧困=不幸ではないことを教えてくれる。

家に最先端の家電はないけれど
家族を全部乗っけるバイクや星空の下で眠るためのベッドがある。
洪水で家は流れても
残っているものがいっぱいある。

d0153664_3484296.jpg

人懐っこい男の子。私が話しかけようとするの逃げるのだけれど
カメラのレンズに興味津々。

d0153664_3493094.jpg

チャパティを作るおばあちゃん。まあるい笑顔。

みんなこちらがびっくりするようないい顔を見せてくれるもんだから
Facebookに載せた写真に
「本当に彼らは苦しんでいるのか?それともパーティを楽しんでいるのか」
なんてコメントされてしまったりするわけだけれど
それはどんな環境でも
人は希望や喜びを感じることができる強さをもっているという証拠。

行きのドバイでたまたま見かけた写真展で心をつかまれた
”Frank Hovrat”の写真。
モード誌の写真もとる彼が
まとめた社会派の写真に心惹かれた。
大変さ、悲惨さを決して排除することなく
その暗闇や混沌の中にぽっと存在する
光や色や温かさを内包したシーンが
ぎゅっと切り取られていて
「ああ、こういう社会派なんだけれど
悲惨さにフォーカスするんじゃなくて
光をつかみとる写真がとれたら素敵!」と
勝手に師匠に決定。

彼の写真はクールで物語があって
ふっと心が和むようなシーンがいくつもあるの。
彼のモード写真がまた
うっとりするほどおしゃれで。
写真という軸を囲んで
時に社会派で、時に詩人で、時にモード系って
とてもうらやましい才能だわ。

私も写真がメインにはならないけれど
食糧だけを配ってればいいわけじゃない。
ただ、仕事をするのではなくて
愛をもって、1人1人に接したいのです。
一日が終わって今日とった写真を整理しながら
さまざまな笑顔やシーンをみるときに
去来するさまざまな思いをきちんと書き留めておきたいな、と。
そして感じたことを次の日の自分の生き方に反映させていかなきゃな、と。

自分の原点でもあり、進む先でもあり、
ただ同じところをぐるぐる徘徊するのでなく
少しずつ深さと幅と愛を広げていかなければ。

愛に関するもう一つのお気に入りの名言

Love life, and life loves you back
人生を愛せ、そうすれば人生もおまえを愛してくれる
[PR]
by miomiomiomion | 2010-09-30 22:36 | お仕事