世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

パキスタン腹

パキスタンについて2週間、体重2キロ増。

先月はハーフマラソンあったので
運動量かなり高かったし、
ベスト体重維持できてたし
筋肉もいい感じだったんだけれど
いまやなんも運動やんないで
食べるだけ食べてるから
カラダが劣化してそう。

ホテル(というかゲストハウス)は
ジムもないし、庭も狭いし
ここムルタンには外国人たくさんいるはずなんだけど、
全然見かけない。
市場歩いただけで私たちの周りに人だかりができちゃうくらい
外国人比率小。
外も歩くのですら警護をつけないといけないここで
走るなんてもってのほか。

そりゃ個人でバックパックしょってきてるわけではないから
その辺は自覚してちゃんとルールに従うわけですが
運動できないってのは、辛いよー!

フィールド出張があるじゃないか!・・・と思うかもしれませんが
行きも帰りも全部ランドクルーザーで
車の通れない山の道なき道を徒歩でいく、
椎名誠みたいなシチュエーションもないし
加えてホスピタリティーが超ど級に高いパキスタンの人と一緒にいると
はい、コーラだ、はい、ティーだ(もちろんミルクと砂糖入り)
はい、パキスタニスイーツだ、はい、スナックだ
と年がら年中物を食べさせてくれる。
しかも原材料がギー(油)とかミルクとか砂糖とか炭水化物とか。
ごはんもおいしいんだけれど、油がすごいしね
スパイシーだからごはん(+チャパティ)がすすむしね

ってなわけで縦にわれていた腹が横向きに重力シフト。
パキスタニスタンダードでは
「みおはあと10キロ太んないとだめだよ」なんですが
ジャパニーズスタンダードは
違うんですって。

しかしパキスタンに昔在住していた友人の話を聞くと
結構おなかを壊している人が多くて、
中には赤痢まで経験しているつわものも・・・

「うん、パキスタンではどっちにしても最終的におなか壊して
体重減るから心配ないよ!」

そうか!じゃあ安心だね!!
・・・とはいえませんが。

とりあえず、日本・アフリカから持ってきた
Penのカラダデザイン宣言(2010年4月15日号)と
ターザンの筋トレ特集と
Woman's health(南アフリカの健康マガジンなんだけれど
記事内容が充実していてとっても◎)
を順繰り順繰りに読みながら腹筋腕立てとヨガ。
あともってきてるんだけれどやってないのが
DVD Fat burning workoutとビリーのブートキャンプ(笑)
クリスティアーノ・ロナルドが一日3000回の腹筋をしてるって
ちょっとInspiringな情報ではあるわけだけれど
まぁ一日50回やればいいよね。
あとは果物をたくさん食べてます。ざくろとか柿とかりんごとか。
ここぞここで!ということはちゃんとやる。

d0153664_1113383.jpg


いい感じでしょう?コレ全部で80円くらい。
市場で普段みかけないグレープフルーツを発見。
果物やのおじさん、英語がでてこなくて
「この果物、うーん、”スパイシー”だけどいいか?」って聞くんだよね。
スパイシーなグレープフルーツ??
・・・よくよくつっこんでみたら”すっぱい”と言いたかったらしいです。ふふふ。

パキスタン料理ですが、はっきりいっておいしいのです。
羊肉がこんなに臭みがなくてとろけるようにおいしいって初めて知ったわ。
スパイシーな棒肉団子(コフタ)とか
ヨーグルトチキン(デヒワラ)とか
チーズチキン(名前失念)とか
それが全部いっぺんに出てきて食卓に並ぶわけで。
毎日食べても全然OK.

しかし、1ヵ月後が恐ろしい。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-10-01 23:47 | 衣食住