世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

まぁいいやそんな話題は

聞かれれば別に躊躇なく答えるわけだけれど
聞かれなければ別に率先して伝える必要がないこと。

年齢

ちゃんとやるべきことを重ねて年をとっているわけだから
さばを読む必要なんかないわけで
別に自慢することでもないけれど卑下することでもない。

年代特有の微妙な問題で同性が意気消沈していたら
会話の流れで「ほら、私も35だけどさ!」みたいな感じで
励ますことはあるけど、普通の会話をしていて
あえて強調はしないよね。じゃない?

で、仲がよくなった同年代っぽい(30半ば風)の警察官がいて
「いやさー俺もいい年だから、結婚したいんだよねー」みたいな
会話になって、「あーわかるわかるよ、その心境の変化!」と
同世代女性を代表して共感したんだけど、
あとから話にでてきた彼のお兄さんが26歳・・・
彼自身は23歳だということが発覚。アーレ-

さらさらと流れるように衝撃の事実が発覚し
私の一回り下じゃん!と軽く笑いとばすきっかけを失ってしまい
彼は私がきっと同じ年だと思って
(その前提でお互い話していたわけだから)
なんだか坂道から石が転がるように
勝手に親しみ度が増してるんだけど
今更聞かれてもないのに
「いや実は私35でさ」というのもおかしな気がして
とっても微妙な展開になっている。
「とっても素敵な女の子がいるって
母親に話したんだけど、ぜひ会いたいっていうから
うちにこない!」とか花をもってきてくれたりとか
いや私35歳だから、ってそこでいうの変でしょ!?

いや年齢なんて関係ない!と豪語するには
パキスタン社会はまだまだとっても保守的。
今もいとこ同士で家族が組み合わせるのが非常にメジャーなお国柄で
学歴とか社会ステイタスとか似たもの同士でくっつくことが多い。
恋愛結婚よりまだお見合い結婚が主流。
基本的に年上女と年下男の組み合わせはなし。

でその警察官に
「あーでもほら私ボーイフレンドいるからねー君にチャンスはないよ」とか
いうわけですが私も、そしたら
警察官「How old is he?」
ミオ「30」←そうです、年下なんです
警察官「He is too old for you」

・・・・orz

ここで、「え、私35だけど」って言えたら
私の人間の器もホンモノなんだけどな(そうか?)

とりあえず、50代かなーと思っていたシニアのスタッフ(男性)の
誕生日が1971年だと発見。
そうか、どちらかというとこの彼が私と一緒年代か・・・と思ったら
力がぬけました。いや、道理で私が30代にみられないはずだよ(失礼)
確かに私日本スタンダードにしてみたら「超若い!」ってわけじゃないけど
(日本にいたら絶対24には見られない)
パキスタンスタンダードで行くと
まだまだ20代。

だから小出しにカミングアウトしていかないと
勝手に誤解されて、話のつじつまが合わなくなったり
あとで相手にきまずい思いをさせてしまったりする。
(29って年増だよねーとか言う男性に、ちょっと私35ですけどと
自爆テロを実行するようなこと。)

ま、若くみられるのって悪いことじゃないけれどね
たまになめられるけど「あなたも30になればわかるわよ」って笑。
今24だったらどんなにいろんなことができるだろう・・・
戻りたい~とは思わないけど
まっすぐに広がっていく若さがある時期って本当に貴重ね。
やっぱり20代の勢いと30代のそれって(そして40代は40代で)
違ってきて当然なわけで、
ないものねだりしてみてもしょうがないじゃん、ということ。
ま、勝手に20代クラブに入れてもらえるうちは
一緒に楽しんじゃうけどさ。

まぁいいやそんな話題は!

と力づくで年齢談義終了。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-10-30 00:10 | ワタクシゴト