世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

MAJIでKOIする100年前

シャリフと会う。

例の乙女でイケメンでおっちょこちょいの元ボディーガード。
すごいスイートなメールを送ってきたかと思えば
妙なところで、完全保守で
シャイなくせに、たまにぐっと男らしさを発揮する
次の一手が全く読めない意外性が、私好みな若者である。

「今日仕事終わってから会える?」ときくもんだから
「買い物終わったらゲストハウスに戻るからきていいよ」
と軽く言ったのだけれど全然こなくて忘れてて
夜の11時20分すぎて

「約束どおりこれから行くよ!待っててね」

という全くもってリアクションに困る携帯メールが届いた。
もう遅いから明日にしよう、とも言いたいところなんだけれど
明日の夜は約束あるし、日中はもちろん仕事だし
明日がない。
まぁすぐに寝るわけでもないし
パッキングしててベッドの上モノだらけで
なし崩しでなんかまずいことになるってこともないだろうし(←考えすぎ)
警察やらガードがゴロゴロ徘徊しているゲストハウスだし
まぁいいかと思っていたら
英語を全く解さない友達を引き連れて登場。

なーるほどね、夜中に女友達の部屋に行くのに
純朴そうな友達連れてくるってのは手だね。
これで変なうわさが立つのも防止できるわけだ。

この友達(21歳)が最近婚約したとかで
奥さんになる人の写真を見せてもらったらみるからに若い。
16歳だっていうんだからもう。
いやねーパキスタンにきてから結婚と年齢の話ばっかり
している気がするんだけど、まぁ天気とかプロ野球の話みたいに
日常会話の枕で出てくる話題なんだからしょうがない。

シャリフ自身はまだ独身で
「男が家族を養うのだから女は仕事なんぞしてはいけない」
そんな明治時代価値観の持ち主
ミオ「なんで女は仕事をしてはいけないの?」
シャリフ「そりゃ、女が仕事をしたら家の仕事をする人がいないじゃん」
・・・明快なお答え。

ミオ「ありゃ、それじゃ私は君の妻にはなれんね」
シャリフ「ノープロブレム。これはパキスタン国内で有効な文化であって
外国人にはあてはまらないよ」
・・・・なんですかその答えはw

僕のことどう思ってる?とかかわいいこと聞くくせに
自分の好きなタイプは
「やさしくてかわいくておとなしい人」という
全然私とスペックがかぶってない人(汗)
「I am interested in your idea and your life」という
ある意味非常に正直で的を得ていることをいわれてほっこりする。
確かに私のセールスポイントってこの辺だよな。
まぁ今更かわいいからとかやさしいから(好き)とか言われても
現実から遠すぎて一刀両断で却下なわけですが
相手の考え方と人生に興味があるってのは
なかなか粋な告白だな、むう。

ま、だからってついてきたいとか
そういうことじゃないみたいですが、
だってほら
「男は女を養わなければならん」な人なわけだから。
でパキスタンにいろと言われても無理。
って別に言われてないけど。

そんなこんなで100年前の化石価値観をもつ保守派イケメンと
真夜中に興味深いが埒のあかない結婚談義をし
12時45分に、この16歳の妻to beがいる友達を駅まで送っていくために
(夜行列車でラホールにいくらしい)帰って行きました。
で30分くらいたって律儀に携帯メールが。

家についたよ!君のこと考えてるよ!

なんて読めない人なんだ~
しかしこれは浮気とは言わないよねよねよねよね。
私としたことが、ワクワクしてしまい不徳といたすところです。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-11-04 23:47 | かるちゃー