世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

味噌汁長者

年末大掃除が終わった←早っ
ソマリア部門。
ナイロビのうちにはまだ開封してない
ダンボールが9つもある。

飲んでない味噌汁が96食分も出てきた。
というか前回日本に帰ったときに持ってきたのもほとんど消費してないし
2年前に日本に帰ったときに買ってきてのも残ってる。
当然ながら半分以上賞味切れ。
2009年11月とか。2010年5月とか。
瓶詰めの塩辛も
ゆず胡椒のふりかけも
マルミヤのすきやきふりかけも
唐辛子昆布のふりかけも
お茶漬けのもとも出てきた。

っていうか、全部その存在を忘れていた。

日本に帰ると「(ソマリアでは手に入らないから)買わなきゃ」という
焦燥感に襲われて日本食商人かってくらいたくさん買ってくるわけだけれど
ナイロビではまぁそれなりにおいしい日本食が食べられるし
ソマリアに帰ってくると日本食を食べたい本能が冬眠するので
せっかく持ち込んできた日本食が活躍する場がないのだ。

というか、こっちのごはんって微妙ににおいがあってねー
それをごまかすために
ヤギのスープで炊いたり、シナモンいれたり、トマト味にしたり
スパイスで茶色になったりするので、

白いご飯+ふりかけ

という王道の楽しみ方ができない。
ゆず胡椒のふりかけをシナモンごはんにかけるってどう?
ね、微妙でしょう?
同じく、食べ合わせっつーものがあるから
ラクダソテーには、やぎのクリアスープ
スパイスごはんには、トマト味のシチュー
で、味噌汁には・・・・

普段のメインであるラクダとかやぎって味噌汁に合わないんだよ。
で、昨日せっかく新鮮な魚を市場で仕入れてきたのに(10キロ1800円という破格値!)
仕上がってみるとトマト味。どうして新鮮な魚をヤギ肉とおんなじ調理法にするかなー
炭火で焼いて、塩コショウ、とか
炭火で焼いて、ちょっとライム落としてしょうゆ、とか
そういうワビサビな食べ方をしないと。
味噌汁をおいしく飲むには。

ということで96食分の味噌汁をかかえ途方にくれる11月の末。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-11-27 23:57 | 衣食住