世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

愛しのハルゲイサ

トランク生活には疲れたぜとか
斜めに構えておきながら
やっぱり新しい場所に行くときは素直にワクワクするもんだ。
初めて上陸ハルゲイサ@ソマリランド

貨幣も違えば法律も違う
勝手に独立を宣言してしまった(国際社会からは認められていません)
やる気マンマンの国。

なんだかとってもゆる~くていい感じ。
太陽もまろやかだし
空気も和やか。
空港のイミグレも、飛行機がついてから
休憩所からダラダラやってくる。
なんにも記入しないでパスポートだけ提出。
ビザのスタンプを押してもらう。

イミグレ「ギブミー2ドル」

・・・ビザ代金2ドル(汗)
いや、安いのはいいけどさ、
普通ビザって50ドルとかトランジットでも20ドルとかだよね。
この破格プライス!
ちなみにソマリパスポートで一緒に来た同僚のビザは7ドル。
なんとも中途半端なプライスで、しかも自国民の方が高い(汗)

ホテルの送迎バスが来る。
アンバサダーホテルなんていう立派な名前がついている
ハルゲイサ屈指の高級ホテルなのに
送迎バスに大きく書いてあった連絡先が

Ambassadorhargeisa@hotmail.com

・・・おいHotmailかよ、な脱力感。いいねぇ。

自動ドアのバスに乗り込み、乗ることたったの五分間。
うぃーんとドアが開き、アナウンスが流れる

ドアが開きます、ご注意ください

・・・思いっきり日本語アナウンス。
運転手さんに「ちょ、ちょっとこれ日本語だよ!」と報告。
運転手さん「5年来の謎が解けたよ」

ホテルにチェックイン。
スマイリーなお兄さん(スーツ着用)がやってきて一言。
「Which room do you like?」
高級ホテルで部屋が選べるってあんまりないよね。

ミオ「あ、上の階にしてください」
ホテルマン「OK」

喫茶店での一こま
「カプチーノと。。。え、何か食べるものありますか。スナック的な」
ボーイ「オレンジカップケーキとオレンジケーキがあります」
ミオ「違いはなんですか」
ボーイ「材料は一緒ですが、カップケーキはカップに入ったケーキで
オレンジケーキは平たいケーキです」

ハルゲイサ、惚れそうです・・・
[PR]
by miomiomiomion | 2010-12-13 21:39 | 旅の記録