世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ケニアの車窓から

旅に出ます。

列車でモンバサまで。
周りに聞いても経験者は片手で数えるほどしかいなくて
それも

「94年に行った」とか
「子供の時に遠足で行った」とか←現在47歳

とかそんな人ばかりなので
果たして列車が運行しているのかも定かではなく。
それでもこの21世紀
ちゃんとHome pageがあったりするのだけれど
やっぱりこのナイロビ-モンバサ列車、
飛行機よりは安いけど
バスよりは高くて
飛行機よりは断然遅いし
バスよりも遅いという
微妙な存在。
なんせ、ホームページにも堂々と
「到着8:30
ですがだいたい10時半から11時になります」
とか立派な注意書きがあるくらい

でも1等と2等と3等とあって
国立公園を突っ切って
もしかして窓越しに
ライオンが見られちゃうかもしれない旅ってのは
期待も膨らみます。
ちゃんと食堂車もあって
夕食もつくという話。
シルバーのお皿でちゃんと給仕がついて
それこそ

オリエント急行?

みたいなハイソな旅であれば
14時間かかってもそれは許せるってものですが
とってもレトロでどこか遠い遠い思い出の日々の再現みたいな
そんな列車旅でした。(このブログは帰ってきてから書いてます)

d0153664_5234079.jpg


列車レポート、モンバサレポート
続けてお送りいたします・・・
期待を裏切らないいいかげんさと
大らかさに満ちた素敵な旅でした。
[PR]
by miomiomiomion | 2011-02-07 21:21 | 旅の記録