世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

しょうゆ必須

普段120%肉食生活なわけだから
休暇中はおおいばりで魚と菜食にしたい。(BBQ除く)
今回のモンバサは台所がついてるSelf Cateringのコッテージに泊まって
近くまで売りにくる漁師さんからその朝採れたての魚を買う。
初日はレモンフィッシュ、Red Snapperとロブスター
2日目はエビとイカ
3日目はオイスター

d0153664_2285757.jpg


ここの漁師さん
長年の太陽と塩水を浴びたせいなのか
毒気が全然なくてとっても心惹かれる少年のような笑顔をもった素敵なおじいさん。
普段値切り魔の私が全然値切る気が起きないほどの値段設定。
毎日にこにこ、大きな籠にはいったとびっきり新鮮な海の恵みをもってきてくれる

大きめのレモンフィッシュが150Ksh(200円ちょっと)
中くらいのRed snapperが100Ksh(120円くらい)で
ロブスターが2匹で300Ksh(350円くらい)

ね、素敵でしょう?

で、「明日は何が欲しい?」と聞いてくれるから
「明日はエビが欲しいな」というと1キロどっさり
ヒゲが刺さるほど新鮮なエビをもってきてくれる。

生牡蠣とかイカとか蛸とか。
今回は頼まなかったけれどカニもあり。

レモンフィッシュは、薄く切ってさらっとしょうが醤油に晒し
小口ねぎをちらし
Red snapperは、レモンをぎゅっとしぼり、
DillをはさんでSea saltでしめる。
イカはリングにして、ごま油で炒めにんにくとしょうゆ、
コリアンダーを最後に散らして。
エビはたまねぎ2つを丁寧に炒め、ローカルトマトと唐辛子で
チリソースを作り、エビチリに。
d0153664_456359.jpg


ロブスターは、塩水でゆでて、ガーリックバターとレモンしょうゆ。

オイスターは、ナイフでえぐって、そのまま。あ、でもしょうが醤油最高
d0153664_504734.jpg


海沿いのホリデーにはしょうゆ必須。
できればしょうがと小口ねぎとにんにくがあると
料理のバラエティがぐんと広がる。

本当においしいものをおいしく食べる時には
限りなくシンプルなやり方がいい。
既製品のソースじゃなくて
ローカルでしっかり手に入る地元の野菜とスパイスで
びっくりするほどおいしくなる。
あ、しょうゆは別ね(笑)

白ワインをきりっと冷やして
海のまん前のテラスで舌鼓をうつ
ランチボックスにして海辺でピクニック。
朝、太陽とともに冷たい海に入り、
本を読んだり、ゲームをしたり、
芝生でお昼寝したり、シュノーケリングしたり。
海沿いをどこまでもどこまでも歩いて
気がむいたら海のまん前のカフェでライムとミントとウォッカを使った
Dawa(スワヒリ語で”薬”という名前のカクテル)を飲むのがお気にいり。

いやー実にプライスレス!
[PR]
by miomiomiomion | 2011-02-08 09:18 | 旅の記録