世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

限界拡大

走ってきました、ハーフマラソンINキリマンジャロ!

前回2時間13分だったので今回は2時間を切るのが目標だったんだけれど
結果2時間22分。

かーん。

いやね、言い訳させてもらうと
今回のほうが断然坂が多くて
きついコースだったんですよ。
最初の10キロ、ビクトリアマラソンのときはなんともなかったのに
今回はUphillが続いた8キロで、

ひえーこれ死ぬわ!

と思いましたから・・・
しかし折り返し地点過ぎてそれからは
軽快なDownhillが続き
最後まで全然ばてないで気持ちよく走り切れました。
しかも今回は筋肉痛も全くなし。体がついてきてる。

思うに、週3-4回の一時間ランが効いて
スタミナは結構ついているんだと思う。
でも普段はフラットな敷地をぐるぐる走ってるだけだから
これからはもっと坂道トレーニングとか
高度を上げてトレーニングしないとだめかも。

いつもの通り、脂肪率0%のアフリカンアスリートたちの
完成された体に驚愕し(筋肉のつきかたが半端ない!もうね
超越した美しさなのです。同じ人間とは思えない・・・)
犬を連れたおじさんや、75歳のおじさんや3歳のお子様まで走ってしまう
なんでもありなお祭りムードを堪能しました。
終わった後のキリマンジャロビールのうまいこと!
走る前に私の友達(男)に
「Mio is exciting and inspiring but i am very sorry for her
boyfriend who has to do something which is not his thing」
言われてました(汗)彼も終わってみたら
「楽しかった。またやってもいい」、だそうです。
ほらねー(←得意気に)

ホテルで昼食を食べたあとには
村の奥地にある滝にいって泳いできました。
気分的には温泉で疲労した筋肉を伸ばす~ってのが理想なんだけど
ここはミネラルウォーターで代用。
滝にあたったり、ゆるゆる泳いだり。
10mくらいから飛び降りる岩があって
小学校くらいの男の子がぴょんぴょん飛びこんでて
楽しそうなんだけれど、あがってみると超高層!
ハーフあとで足が震えてるうちの彼は
「飛ばないのは男ではない」ということで飛んでました。
そういう無駄な男気、好きです。
私はもうウガンダのバンジージャンプで
人生の課題はクリアしましたので
もうやりません。

とりあえず目標の2時間切は果たせませんでしたが
まぁもう一回くらいハーフを走ってから(来年かな?)
次はフルマラソンに挑戦しようと思う。
実はちょっと鉄人レースもやってみようかとも考えてるあたり
こういうレースっていったん限界のハードルを超えると
どんどんあげたくなる快感がある。
人間の限界ってマラソンのQちゃんもいってたけれど
頭で感じる限界と体のそれってのは違うんだってのは本当だと思う。

ダイエットとか老化防止とかそういう「ねばなきゃ」というんじゃなくて
ポジティブに自分の能力やら体力を底上げしていく機会を
努めて持ちたいと思う。
苦しい→楽しい→苦しい→楽しいを繰り返すことで
体の可能性ってどんどん広がってくる。
使わないと退化するけど
使えばどんどん応えてくれる。
で次は、走るのはちょっと一段落して
筋トレとスカッシュをまじめに始める予定。
[PR]
by miomiomiomion | 2011-02-27 22:25 | 旅の記録