世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ラオス生活始まる

ラオスについた。
一日目は、東亜船の同期に再会。
「I will take you to my wife's place」っていわれて
ついていったら、奥さんの実家で、
舅さんと奥さんの弟と、奥さんのお姉さんともう一人のお姉さん夫婦と
姪っ子と甥っ子でご飯を食べてるところだった。
こういうところにちょいと友達を連れてきて、
あーはいはいどうぞってな空気で混じってご飯が食べられてしまう
この感じが好きだ。
弟さんは交通省に勤めていて日本に3週間きたことがあって
日本語がちょっとしゃべれる。
奥さんは東亜船の2007年。
英語と日本語の混じった温かな空間。とってもラオスっぽい。
誕生日でもないのに、食事のあとに大きなケーキが出てきた。
「姪っ子がどうしても欲しがってねー」とにこにこしながら
言うお兄さん。
なんていうか、お金があるってこととは本質的に別の
贅沢というか、幸せがここにはある。

家探しを始めた。結構楽しいが選択肢がありすぎて困る。

1)川沿い。リバービュー、予算オーバーでちょっと暗いんだけれど
すばらしいバルコニーがある。3部屋。
2)地元のレストランやお店が近い、オーナーがとってもよさそうな新築。
予算より安いし、自分で家具を選んでいいという。バルコニーから池が見える。
ぴかぴかで素敵だけど台所がイマイチ。3部屋
3)木の家。4部屋。すばらしいバルコニーとお庭。予算ぴったり、
でもバスルームがイマイチ。
どれも3部屋以上あるから、小さい子供がいる家族とかぴったりな感じ。
世界銀行の人とかなんとか大使館の人とかの家は
川沿いですんごいゴージャスなセッテイングに建っている。
ここまでじゃなくても
1000ドル以内ですごく快適な生活ができそう。
書斎があったりね、景色のいいバルコニーがあったりね。
台所も広々しているし、生活の質が一気に向上しそう。

エージェントの人「ちょっと参考までに伺いたいんですが
前に住んでいたところはどんなところでしたか?」
ミオ「•••参考にならないと思います」

ということで、これからごはんに行ってくる。
道ばたのごはんがおいしいんだけれど、
粗食に慣れたおなかにはちょっとヘビーっぽい。

それではまたのちほど。
[PR]
by miomiomiomion | 2011-08-27 15:56 | 衣食住