世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

繁忙期の戯言

ひょーえー時間の経ち方が早すぎる。
仕事に追われ、プライベートに追われ
全然ブログもアップできてないし、運動もできてないし。
足りているのは栄養分と刺激くらい?アチョー

仕事に追われ、ってのはまぁ文字通りです。
緊急援助ではないので、
15分以内に荷物まとめて避難!という忙しさはありませんが
今週の課題が20くらいどどーとあって、
その合間に来年からのカントリープログラムの概要とか
世銀の支援プログラムのアウトラインとか、
パイプラインのプログラムの勉強とか
ラオス語とかあって、毎日始業前にオフィスにきて
就業後にオフィスに出るという模範的なサラリーマンみたいな生活です。
ま、11時までオフィスにいる、なんて日本みたいなことはしませんけどね。

プライベートに追われ、ってのは別に華やかなことではなくて
新しくできた友達と飲み語り、
カラオケに行き、ボーリングに行き、
子供の誕生会に行き、
クラブに行き、買い物に行き、
というにぎやかな時間。
この国、努力しないと一人になれる時間がなかなかできません。
一人で静かにしようと思ってもなんだかんだ誘いがきます。
週末もなんやかんやとオフィスの誰かのうちに
オフィスのみんな全員で遊びにいったり
何かイベントがあると「大丈夫?ミオ一人じゃない?」と
いろいろ心にかけてくれるのです(涙)ありがたい~
そういうお国柄なんだと思います。

というわけで私今20代中盤みたいな生活してるんですよ。
自慢ではなくて、正直、いやいつまでこんな生活してるんだ!?という自戒をこめて
私と同世代の既婚者はまともな時間に帰るか、
一緒に飲んでもまぁパートナーが一緒なので、
そこそこに退散しまして、それで残るのが
20代中盤+後半の「まだまだ楽しみたい」若者たち+私
ホストファミリーと一緒だったときは、10時までにはおうちに帰っていたのですが
今、自分のうちがあるからね、結構遅くまで遊べてしまうのですよ。

給食ユニットシュールで繊細な28歳のフランス男
パブリックリレーションの3ヶ国語をペラペラに操るかわいい才女ドイツ人30歳
パブリックリレーションのインターン、ファッショナブルで疲れ知らずの
フィンランド人26歳
栄養ユニットのファンキーでおもしろいなフィジー人29歳
東亜船以外の仲間では、
彼女彼氏なしのこのあたりでよくつるむわけです。

いやーさー、かえすがえすも私今28歳だったらすごいいいのに!って
思うことがあるんだよね、最近。
○○をやらなかった後悔・・・というのではなく
あー今28歳だったらとってもこの環境楽しめる!という妄想。
もういろいろみてきたし、やってきたから
戻りたいというのではなくて
あえてまだ28だったらとっても嬉しいという無理な願望。
私が特に仲がいいのがこの26歳のフィンランド人のインターンの女の子で
気があうし、スピード感も、考え方も合うんだけれど
よくよく考えると10違うわけで、それでも彼女のペースで
クラブにいって、飲み屋にいって、
彼女と一緒にどんどん回りに声かけて
気がついたら「これ、誰?」という電話番号が携帯に残っていたりするわけです。
それもひとつやふとつじゃなくて。
記憶をなくしたりはしませんが、それでも「えーと誰だろ」という人から
来週ビール飲みましょう!メールが来たりして
で、でかけていったらあーこの人いたいたと思うわけですが
よくよくきいたら26歳とか、そんな感じ。
私のほうも別に年齢詐称してつきあったりしないから
聞かれたら答えるわけだけれど、
(聞かれなかったら別に言わないけど)
「思ったより全然年上なんだね、気にしないけど」とか言われたりするわけです。
気にしないけど、ってのが余計だってw

いやーん、私こういう生活もう卒業しないとだめだよね。

仕事はちゃんとやってますが(あたりまえ)
自分の生活基盤をちゃんと立てようと思ってます。
新しい家に移りました。やっぱり自分の「城」があるっていいねー。
ただ、目の前の楽しい忙しさにかまけるのではなくて
これからの人生戦略をちゃんと練っていかなくては。
いろんな意味で大切な時期にいると思うのです。
[PR]
by miomiomiomion | 2011-10-12 16:25 | ワタクシゴト