世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

君の名は

今日、同僚が私の名刺をみて

「あれ、このラオス語版(表が英語で裏がラオな名刺)、ミオ・ノウェになってるよ」

あ、本当だ。今まで全然気がつかなかったけれど
前はちゃんとノゾウェだったんだけれど、←これも微妙っちゃー微妙。
先月から使っている新しい名刺は苗字がノウェになってしまっている。

どこ出身だよ・・・

でもちょっと芸術家っぽくていいけどね、ミオ・ノウェ
なんかシュールな小作品を撮る映像作家っぽい。
もしくは、前衛的なイスをデザインする家具デザイナー。
グレーのピタTシャツ着て、赤いふちの細めがねのミオ・ノウェ。
文字の座りつーか、リズム感はあんまりよくないけど。

今月は3箇所フィールド出張があって、
政府の会合で、だいたい最初にスピーチするんだけれど、
どこでもラオス人の司会者に

「では、次はWFPのプログラムオフィサーのミオ・ノーゾーさんです」とか
「ミオ・ノドさんです」とか
どうも最後のEがぬけるんだわ。
ま、理屈としてはわかるけどで、Eを強調してもらうと
「ミオ・ノゾイエーさん」になってしまう。
君はラッパーか。

そういえば私の苗字はどこでもちゃんと発音されないなぁというブログを
昔書いたと思ったら、4年前の2月であった。

閏年なんで、昔のブログをぱらぱらと読み返してみたが
びっくりするほど今と変わってない。
なんていうか、人間の芯の部分ってのはあんまり変わらないんだなぁと
ちょっと感慨深い。いいんだか、悪いんだか。

2億4千万の瞳ー2009年2月25日のブログ
[PR]
by miomiomiomion | 2012-02-29 19:37 | ワタクシゴト