世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

割勘一考

今日の昼ごはん、NGOの人と年末年始はどうだったか、とか
今年はこんなことをしよう、とかビエンチャンの情報交換とか
和やかな時間を過ごしたわけなんだけど、会計の段になって
さらっと彼が「今日、お誘いしたのは僕なんで」とさらっと払ってくれちゃった。
ほんと、さらっと。

彼とは「友達」ってよりむしろ「仕事上の知り合い」ってなくらいの関係だから
彼が払う必要なんて全くない。
ごはんは通常「割り勘」で当然だけど
でもこうやってさらっとスマートに払ってくれちゃうと
やっぱり嬉しいよね。
「じゃ、次は私が」って次の話につなげやすい。
いや、別にこれデートじゃないけど。

世界じゃわかんないけど、日本では未だに
「デートの割り勘」はよく議論になってる。
「割り勘するのは、私に興味がないからですか」とか聞く女性がいたり
「割り勘デートで次はなし」と自信たっぷりに答える人がいたり、
もちろん「基本は割り勘が当然です」っていう人もいるから
全ての女性がそんなこと思ってるわけじゃないけど
なんでこんなことがシリアスな議論になるんだろうと
読売小町(←実は愛読者)とかネットの議論で
この問題を見かけるたびに疑問に思ってた。

相手が超年上でお金持ち、とかでなければ
そんなん割り勘で当たり前でしょ、というのが私の考え。
そりゃね、これから専業主婦になりたい婚活女子だったら
相手の経済状況と懐の大きさを確かめたいから
「割り勘デートは次はなし」って言うのかもしれないけど、
今の時代、女性もちゃんと自分の足でたって当たり前だから
いまだデートで「男性が出して当然」なんつーのはいつの時代だよ?と思うわけ。

ま、たださ、「男女同権」をここで声高に叫びたいわけじゃないから
割り勘でいいけど、スマートにやって欲しいとは思う。
1円の単位まで細かく請求してきたら「ちっさい男だな」ってたぶん思うし
(←私の友達にはいないけど)
お勘定がきたときにいつまでだっても自分でとらない(イニシアティブをとらない)
男もダメだと思う。
で「あ、いくらですか」といったときにさらっと自分が払う額をさくっと伝えてもらえれば
(で自分のほうが飲む人だったら、その分考慮する思慮深さはあったほうがいいよね。
私は同じくらい(もしくはそれ以上)飲むから笑全然いいけど)
こっちも払いやすい。
そこで「あ、ここは僕が奢りますよ」と言われれば印象はアップするけど
そうじゃないからって別にここで一気に冷める、とかそんなことはない(私はね)
「男が出して当然」ではないけど、「女は出してもらえると嬉しい」というのは
事実ではある。

ま、仕事まともにし出してこっちももう10ん年になるから
そりゃ年下だったり一時的に職を離れた友人なんかとごはんに行くときは
私が払いますよ。私も自分がお金がないときや
若い時分には先輩にいっぱい奢ってもらったし
そういうのって、ちゃんと上からもらった分を次の世代につなげていきたいなと思うから。
でもそこで、(こっちが払う気でいたのに)払いますよ、って男気を見せられちゃうと
じゃー次は私が出しちゃおう、という気運があがったりするわけ。
額の問題じゃなくて、心意気と心遣。
人間関係ってそういう機微をつむぎ上げて深めて育てていくものだからね、
マニュアルがあって、ここは誰が払うべきとかそういうんじゃない。
自分が気分よく飲めて、相手に喜んでもらいたかったら払えばいいし
そうでなかったら、イーブンでいい。
これって別に男女の関係に限らないわけだけど。

というわけで、男性陣ぜひスマートに割り勘してください。
でもおごってあげたら女性は嬉しいはず。(毎回である必要はないぞよ)
でもそこで財布も出さないような女性はダメです。

・・・人を喜ばせる、いいお金の使い方をしないとね。
お金はためるものじゃなくて、気持ちよく使うものだから。

と思った昼下がりでした。(というのを夜書いてる)
[PR]
by miomiomiomion | 2014-01-09 23:09 | かるちゃー