世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

迎えエクササイズ

大酒を飲んだ次の日、案の定「二日酔い」だぜ、って時に
ちょびっとアルコール飲む”迎え酒”をすると
気持ち悪いのが抑えられる、って知ったのはデンマーク。

カフェみたいなところで

Hangover brunch(二日酔いブランチ)

みたいなメニューがあって、ふっつーのブランチなんだけど
(スクランブルエッグとかベーコンとかヨーグルトとか)
→気持ち悪いときに食べたいメニューではないんだが
それに加えて、ウオッカが入ったショットグラスがついてて
まーなんて荒療治!と思ったことが記憶に新しい。

二日酔いになりそうな次の日はスープとかおじやとか
とにかく体に負担にならないものと
ポカリを飲んで時間をやり過ごすってのが私流二日酔い対処法だったんだけど、
毒をもって毒を制す、って方法もあるんだなーと思ったわけ。
ま、二日酔いについて語りたいわけじゃなくて、それはただの前章。

おとといの日曜日に勢いに任せて5キロのジョギングをするつもりが
犬と音楽があったんで、気持ちがあがっちゃって
1キロ5分弱のペースで10キロも走っちゃったのよね。
10月に出た10キロのレースより早いタイム。
あら、私、スタミナ落ちてないじゃんすごい!と自画自賛もとこのま
案の定月曜日、体のあちこちが痛いこと痛いこと。
久しぶりの筋肉痛、キタ!
階段上がるのも下がるのも辛いし、体の節々が悲鳴を上げてる。
体ってちゃんと鍛えてるとちゃんと耐えられるのに
数週間怠けてるだけでちゃんと怠けた体になる不思議。
回復度もそりゃ全盛期に比べたらそりゃ遅いわけで。

というわけで月曜日は辛くて、火曜日起きてもやっぱり辛い。
でも火曜日はホッケーの日。
休日あけで、ポテトとクリームとビールとウオッカで鈍った体に渇をいれるべく
スポーティーな男たちの待つフィールドに向かう・・・
といいたいところだけど、ま、みんな似たようなもんで
「休日食べ過ぎたー」とか
「(里帰りして)寒すぎて外出る気全くなかった」とか
そんなんばっかでま、みんな重そう(笑)

それでもやっぱり試合になると俄然輝くのがスポーツマン。
今回は休み明けで結構人数も多くて5人ずつ3チームにわける。
私のチームは日本(私)、ラオス、カナダ、フィンランド、フランスの混合チーム
(っつかどのチームも似たようなもの。アジア人は2人しかいないけど)
で、今回は2014年のビギナーズラックよろしく
ゴールに走りこみながらいいシュートもうてて満足。

ま、もう5月からやってるからポツポツゴールはできるんだけど、
流れ弾がたまたまあたってゴールとか
女の子私しかいなくて「お情け」でもらったゴールとか
やみくもにふりまわしたスティックがあたってゴールとか
そんな「とほほ」なゴールが結構あるんだけど、
今回のは正真正銘、二人で走りこんでゴール際で
まわしてもらったボールを私がそのままスマッシュしてゴール!という
なかなか華麗なプレイでした。
ま、それもたまたまっていっちゃーそれまでなんだけど、
できればちょっとは上達してて欲しいよね。

そんなんでチームで右行って、左行って、走り回っているうちに
さっきまで体を動かすのも億劫だった筋肉痛が消えてた!
迎え酒ならぬ、迎えホッケー。

筋肉って壊れて、再生して、大きくなって、また壊れて、再生して、より強固になって
って順番で育ってく、っていうから、壊れて再生する過程でほどよく動かして、
しかもアドレナリンだかエンドルフィンだか快感物資が出ている間に
痛みを感じず付加を与える、というのはなかなかいいやり方かもしれない。

で、本日は朝早起きして、5キロラン。
チャイ(犬)連れて出たんだけど、野良犬におっかけられて
犬嫌いのうちのチャイが全速力で走るうちに首輪切れちゃって
肝冷やしました。うちの子、ほかの犬怖がるのに車怖がらないもんだから
車道(しかも結構車通り激しい)をすごい勢いで駆け抜けるのよ。
ということで、本日もはからずもいいタイムでゴール。

3月初旬のハーフに合わせてトレーニングを開始。このペースで
膝壊さないで続けられたら目標の2時間切り行くか?!

d0153664_2523985.jpg

これは11月のルアンパパン。7キロレース。
[PR]
by miomiomiomion | 2014-01-15 23:19 | 楽しく生きる