世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬合宿

12月初旬の東京、18度だか超えた時あって
「暖冬」だったよね?
一応ダウンジャケットも出してはいたけれど
持って出てもきなかったことが何度もあったような。

カナダもね、今年暖冬なんですと。
なんでユニクロで「進化したヒートテック」を買っといた。

そしたらなんのことない
トロント到着したら、
マイナス19度(((( ;゚д゚))))アワワワ

普通に、すごい寒いんですが・・・

夫「2年前、マイナス48度まであったんだから30度も暖かいじゃん」

・・・・基本365日Tシャツの人ですから、脂肪の量体感温度が違うのです。
と思って外に出たら、バービーみたいなスリムでキュートな高校生っぽい子たちが

ホットパンツ(←超短パン。ヒートテック的なホットじゃなくて)と
サイズLのスムージー持って歩いてる!

じょ、女性は体を冷やしていけないよ・・・と言いたくなる風景。(←余計なお世話)
若いっていいなぁとちょっと思ったけど、
別に自分が若いとき、真冬でスムージーは飲まなかったか。
(スムージーなんてしゃれたものが存在しなかったという点はおいといて)

トロントよりマイナス5-10度は寒い中部に飛び、
2週間、クリスマスキャンプしたり、馬に乗ったり、ソリしたり、
パズルしたり、おうちでぬくぬくしてお料理手伝ったり、外に散歩にいったり。
昨日「あー今日は寒くないなぁ」と思ったら
マイナス5度だった。

気がついたらこっちの人みたいに家の中は半そでかうすでの長袖一枚で
外に行くときにダウンジャケット、みたいな感じで大丈夫になってる。

油とカロリーが多いこっちの食べ物のせいかもしれないし、
ただ単に寒さに慣れた、ってことなのかもしれないけれど。

うちのお子もさすが、というか寒さには強くて
日本でも毛布(というかおなかに何かかかるのが)嫌いで
夜気がついたらべろーんと丸出しで寝てることがよくあったけれど、
こっちでも薄手のロンパースで
寝袋みたいなオーバーサイズのスノージャケットに放り込んだら
基本どこでもご機嫌になってる。
ソリ遊びも楽しそうだし、お外での高い高いも大好き。

マイナス20度を経験するとマイナス5度が温かく感じる。

人生の幅ってこういうことだなぁと思う。
つらいこととか大変なこと、悲しいことがあっても
自分が耐えられないと思う枠よりちょっと(というか結構)外の経験をしても
意外に大丈夫だったりして、
自分のキャパがぐんと広がって
「マイナス5度」の体感が「快適なもの」に変わってくる。
マイナス40度が日常的に耐えられていればマイナス20度だってらくらくいける。
そんな冬合宿な日々なのです。

努めて大変な(と思われる)こと、きついことに身を呈してみることって大切。

大人になるとどうしても自分で選べる分楽な、楽しいほうに流れがちだけれど
ちゃんと自分のキャパが広がるような環境やら挑戦やらを設定しないとね。

ちなみに、進化したヒートテックなかなかいいよ。
マイナス温度でも十分対応可。
半そで-ヒートテック-ダウンジャケットが基本コーデ(ぷ)です。
家の中では半そでね。

d0153664_23222056.jpg

馬も人間もモコモコ 動きもモコモコ(言うこと聞いてくれない)
[PR]
by miomiomiomion | 2016-01-06 23:32 | 楽しく生きる