世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

1月の読書

今年に入って本を読んでる。

昨年は、一年に50冊、という目標だけ立てたものの
記録をちゃんととらなかったのと
読書ノートを出先で紛失するという大失態で
やる気を失ってしまい(←弱い!)
なし崩しで何冊読んだかわからなくなってしまった。
さくっと読める小説は久しぶりに日本にいたから
嬉しくて結構読んだんだけど(重松清とか東野圭吾とか)
育児書は抜かして、
ちゃんと思考の血肉になるような硬派な本読んでないのね。
子育て初めて3ヶ月くらいまではほんとそれどころじゃなかったし
子育て前の1ヶ月は遊んでばっかりだったし
フェローシップあったから論文はいろいろ読んだけれど
でも自動殺戮兵器関連でドローンの未来とか安全保障に関する論文とかだから
ちょっと「人生を豊かにする」読書とは違う偏った感じ。

で、今年に入って
ビル・ゲイツなどの大富豪は
年収300万の人の38倍は本を読んでいる

という(よくありがちな科学的根拠はないけどやる気には一時的に火をつける)
文章を読んで、

よし、じゃあ今年は戦略的に本を読もうと思った次第。
こういうのはやる気になった時に鉄を打っておかないと
炎だけだと消えるの早いからね。

というわけで1月。
①読書の技法(佐藤優)
②なまけもののさとり方(タデウス・ゴラス)
③ザ・ギフティッド(大川翔)
④9歳までに地頭を鍛える37の秘訣(大川栄美子)
⑤お母さんの敏感期(相良敦子)
⑥人生がときめく片付けの魔法(近藤麻里恵)
⑦Thirty Million Words(Dana Suskind, MD)

うん、相変わらず「硬派」なラインアップじゃないんだけれど
(ピケティ買ってあるけど全く手をつけてない)
とりあえず今の「子育て中」の私のアンテナにひっかかってきた本たち。
佐藤優の読書の技法はまねはできないけれど、
「そうか、このレベルまでできる人いるんだ」と知ることで
人間の可能性の深層を覗き込めて、ちょっと頑張る気になる。
月平均300冊、多い月は500冊、とかってそれ無理だよね。
でも「本は汚く読む」とか
一日4時間は新しい情報のインプットするとか
ノートの作り方とかいろいろ参考になる。
心に残ったところはハイライトしておいて読みかえす。

「忙しいということに忙しい」という状態にならないように
意識的に1日1時間の読書は心がけようと思う。

先週市の図書館のメンバーになって
久しぶりにいっぱい本を借りてきた(含絵本)
6ヶ月のお子は、今はまだ本は「かじるもの」という理解なんだけど
先月から気にしないで読み聞かせ始めてる。
絵本の世界がまた深くて温かくて素敵なんだなぁ。

今日はこれ、「まあちゃんのながいかみ」
楽しくてかわいくて、心がぽかぽかするお話。(終わり方もとってもいい)
一週間に6冊借りて、毎日ゆっくり読みきかせる
そんな絵本の世界にはまってます。

ま、うちのお子はまだ「ぶうぶう にゃあにゃあ ぶうにゃあにゃあ」みたいな
お話っていうよりは音の本でいいんだけれど、
お母さんの膝の上にのっかって、音とぬくもりを堪能することで
お話好きな子になったら嬉しい。

来月はピケティ読むぞ。

d0153664_23152469.jpg

[PR]
by miomiomiomion | 2016-01-26 23:23 | みおの本棚