世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:かるちゃー( 28 )

すきっ腹にラクダ

というわけで断食3日目、順調に進行しております。
だいたい3時頃に強烈な空腹感に襲われ、
4時頃マックスに到達しますが
その後飢餓感は下降線をたどり、6時頃には空腹感消滅。
月末のハーフマラソンに向けて
一日置きに5時から40分~1時間走り、
走らない一日に腹筋背筋、縄跳び、腕立てをやる
ストイックな1人合宿生活をココ一ヶ月順調に続けてるのだけれど
昼食抜いて、運動すると、最初っから体に疲労感があって
走っててもだるい。
あー自分の体、充電足りてない!って感じ。
しかも、断食日からぴったり、生理だし。

自分の体の毒も鉄分も栄養分も
どんどん体外に排出中。
これ一ヶ月やったら脂肪率が下がりそう・・・

と思いつつ、断食明けのエフタール(食事)ですが、
こういう苦行のあとは

卵雑炊とか、七草のお粥とか
しじみのお吸い物とか、冷奴とか
もずくとか、ほうれん草のおひたしとか
そういう軽くて体によさそうな
やさしい食べ物が食べたくなるじゃないですか
日本人としては。

しかし、そんな日本人の甘ったれた望郷感を
こっぱみじんに吹き飛ばす
本場ソマリアの断食明けの食事メニューはコレ↓

ヤギの骨と頭で出汁をとったスープ(脂が浮いてます。味はいいです)
ヤギ肉のサモサ(日本で言うところの揚げ餃子、形△です味◎です)
パン
パンケーキ
ヤギのレバー、ピーマン炒め
マカロニケチャップ和え
ラクダのステーキ

飢餓感急上昇し、それから停止したすきっ腹に
こう、肉肉肉炭水化物炭水化物炭水化物どどーん、という。
これに、シリアル(ウィタビックスとかライスパフ)とかがついたり
パンケーキがチャパティになったり
ヤギ頭のスープがポテトとミルクのポタージュになったり
マカロニの代わりに、スパゲティだったり
最後のラクダが、ヤギ(ヤギづくし!)だったり
レバーのピーマンが代りにトマトになったりしますが
まぁ基本的に
繰り返しになりますが、肉肉肉炭水化物炭水化物炭水化物どどーん
なことには変わりありません。
それを砂糖が50%の甘いお茶で〆ます

ラクダ肉自体はくせがなくて(たまに固いんだけれど)やわらかくて
おいしいですけれど、サモサにしてもヤギの頭スープにしても
ラクダの肉にしても、
おいしい、エネルギー充電!ってだけじゃなくて
こう食べ物に「さっぱり感」「体に優しい感」が欲しいなー
←無駄な希望。

がんばれ私!
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-13 23:58 | かるちゃー

断食月の憂鬱

断食月(ラマダン)が始まりました。
新月で月が消えて、月が見えたら始まるのだけれど、
バレーボールしている最中に
ものすごい銃撃が始まって
おまけに2分前にセキュリティーオフィサーが電話受けて
青い顔して走ってったから

非常事態発生か!?

と思ったら、断食始まりでした。
まぁ花火とか爆竹とかそういう平和でパンクなグッズが手に入らないソマリアで、
AK47を代わりに使うってのはわからなくもない←しかしやめれ

というわけで、昨年は中途で挫折した「断食」ですが、
私は今年はやることにしました。

やってみると結構できる!というか
周りが全部ムスリムで、自分だけご飯食べろというほうが居心地悪い。
まぁ、しかし、私は信仰心からやっているのではないので
朝ごはんはみんなみたいに4時半に食べないで(陽が昇る前に食べなくてはいけない)
いつもどおり7時半に食べるし、日中水も飲んでるから
完全な「断食」ではないんだけれど、普段山盛りでもりもり食べるランチを抜くってのは
それだけで十分な「人生チャレンジ」なわけ。

宗教的には
「貧乏でごはんを食べられない人の気持ちを共有する」とか
「喉の渇きや空腹感を感じることで死すべき人間の運命を実感し、
信仰を新たにする」とかそういうことらしいんですが

胃を休めるって意味で断食ってよさそうだし
(しかし彼らは夕方6時過ぎにエフタールという
断食明けごはんをドカ食いするのだけれど)
前に遺伝子の本を読んだときに、人間の普段眠っている遺伝子が断食により
活性化される、みたいな記述を読んだこともあるし
(だからクローン羊ドリーができたという説明であった)
とりあえず、私は「断食をすることで、どんな変化があるか試してみよう」
という人体実験の心境。
なんかいろいろ読んでみるとDNAとかお肌とか細胞とかいろいろ影響ありそう。
なにかいいことあるといいね。お肌がすべすべになる、とか記憶力が向上する、とか。
あ、邪道ですか。

しかし、オフィスは普段は7時半から16時半までのオフィスアワーが
ムスリムに限り、6時半から15時半になってお家に帰っていいんですが
なんかみんなもう15時くらいから帰る気満々

ミオ「ちょっとオフィスアワーあと30分あるよ!」
スタッフ「おなかがすいたんだよー」

レポートが出来てないスタッフ
「ラマダンで力がでません」

ゲートのところでぐだーっとしているガード
「ラマダンで疲れます」←いや、おまえはいつもぐだーっとしていないか?

ミスがあっても、遅れても、早引けしても
(言い訳に使える)輝けるラマダンカードがある。
まぁラマダン中は戦争もお休みするくらいだし
(だったら普段からやらなければいいのに・・・)
夫婦の営みも禁止だし、悪いことはいつも以上にしてはいけないし、
社会全体がなんとなくどんよりする感じ。
これがモロッコとかエジプトやイエメンなんかだと
お祭りっぽくワクワクするらしいんだけれど
もともとお祭り要素も、お祭りグッズ(爆竹や嗜好品など)が皆無なここだと
なんかラマダン中は覇気がなくて、社会全体が機能停止する印象。

文学的に「断食月の憂鬱」と題してみましたが、
普段から戦ってしまう攻撃DNAな人が溢れる場所では
空腹を抑制力として一時の断食で社会にみなぎるハメハメ波を
鎮めるのもよいことかもしれません。

空腹感をごまかすためにもちゃんと瞑想もしたいと思います。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-13 19:50 | かるちゃー

足長おばさん

収入の一割を他人のために使うと幸せな金持ちになれる、
という話を前にしましたが、なかなか実践が難しい。
都心に出ていれば後輩におごるとか、
お手伝いさんがちょっと難しい仕事をしたあとのチップをはずむとか
いい活動をしている団体に寄付するとか
友達の誕生日にプレゼントをあげるとか
いろいろできますがフィールド出ちゃうとなかなか、
お金を使う場がないんですよ。
贅沢な話なんですけれど。

しかし、今日、前に大学の費用を払ってあげた(貸しってことなんだけど)
元ホテルのレセプションの男の子からまたメールがきました

修学旅行に行きたいのですが、
お金がありません。
それから新しい教材を
買うように言われました。
I need your help!


私は君のママじゃな~い

気持ちはわからなくないんだけれど
なんていうかこっちとしては清水の舞台から
どーんという気持ちで学費出したわけなんだけれど
School tripも出してくれ教材費もかかるんだって言われちゃうと
私の芽生えた良心がしょぼーんとしてしまうのですよ。
心狭いのかなぁ私。

確かにね、私は自分の両親にずっと
全く心配しないで学費だしてもらえたからここまでこられたわけで
それは私が努力したから、というわけではなくて
たまたまそういう恵まれた環境に生まれたからだというのはよくわかっている。
だからこれからは、少しでも教育の機会がない子の将来の
窓口を広げられてあげたらいいなと
思っているのだけれど、窓口あけて外に出たところで
修学旅行とか、コンピューターとか、制服とか新しい靴とか
いろいろ入用になるんだよね。
わかるんだけど、どこまでこういうのってやっていいものなのか。
何人かに相談したのだけれど
「自分の気持ちが気持ちよくできるのであれば助ければいいし
そうでないのなら別に無理してしなくていいよ」という声がほとんど。
そう確かに、イガイガした気持ちを抱えて援助してもね。
できないわけじゃないんだけれど、しちゃいけない気がするのと
あーでもしてあげたほうがいいのかなという気がするのと。
日本で友人に金貸してって言われてもこういう葛藤はないと思うんだけど。

南スーダンでも相当いろんな人に「援助してくれ」って言われて
その中にはかなり怪しい
(お金がちゃんとその目的に使われるのか疑問という意味で)人もいて
まとめて断っていたのだけれど、
どの人が本当に困っててどの人があんまり困っていないのかは
実際のところよくわからない。
とりあえず、困ってる、ってことは本当なのだろうけれど。

Sugar Daddy(マミーか)になる予定はないので
これぞ!と思ったときに、ちゃんと援助する機会を使えばいいかなと思う。
もともとチャリティーの感覚がない日本の風土で育つと
お金の上手な使い方ができているのか自分でも再考の余地があるところ。
チップのあげ方はなんとなくわかってきたけれど、
こう対ひとの小金のスマートな使い方ってのがまだ習得できていない。
1万円スタッフに貸したの、なんとなく請求できなくてそのまま。
で、それが1人ならいいんだけど4人なんだよなーとか。
貸すぐらいなら、あげろって話なんだけれど
そうやってポコポコあげてしまうとそれはよくないし、
かといって、貸してあげても、その微妙な額を
「返して」っていうのがちょっとスマートじゃない気がしてねー
←でも絶対請求しないと返って来ない。

こういうのって、出すのも(出さないけれど)気分がよくないし、
で断るのも、気分がよくない。あげるのもなんだけど、
結局返してくれなくて請求するのも結構いや。
人間として立派になるために自分の小さな心を格闘すべきなのか。
とりあえず、だめなものはだめだとしても
その理由とか伝え方一つにしてもいろいろ考えるわけなんです。

うーむ。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-07-28 22:10 | かるちゃー

ここはソマリア

今日うちの女性スタッフがはにかみながら

「私、妊娠しました」

と報告にきました。
初々しかったので

「Your first kid?」と聞いたら

はにかんだ笑顔のままで

「No, it is my seventh kid. Two already died」
(いいえ、私の7人目の子どもです。2人はもう死にましたけど)

・・・・・そうでした。ここはソマリアでした。

今日はスタッフのメディカルチェックをチェックしていて、
1人の誕生日が1996年になってたので、
さすがに彼は若いんだけど(見た目20代半ば)
1996年生まれ(14歳)ってことはないよねーと思って、確認したら

1966年の間違いでした。

43歳?!?!このスタッフ、見た目26歳くらいなのよ。本当に。
で、なんと43歳とは!
ちょっとどう考えても私より年上には見えないよ?!と言ったら

「いや、俺、子ども12人いますから」

見た目26歳で、実際43歳で、子どもが12人(妻二人)

・・・・・・・・そうでした。ここはソマリアでした。

って話をユスフ(セキュリティーオフィサー)にしたら

「今日俺さ、ドライバーのインタビューあったじゃん。1人の候補者で
14人子供がいて、39歳って人がいたよ。」←妻3人

よく冗談でサッカーチーム作れるくらい子ども作りたい、とか言うじゃないですか。
でも実際ここソマリアだと冗談じゃなくてサッカーチーム作れて、
おまけにベンチのバックアップまでできちゃう人数。

しかし28歳で7人目の子どもを産んでるスタッフや
12人の子供を育てている40代のスタッフを私が指導するってのも、
おごがましい気がしてならない。しかし、1人2人産んだところで、
ソマリ女性には全く太刀打ちできないっわー。太刀打ちしなくていいんだけど。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-07-21 22:34 | かるちゃー

世界進出提案

ソマリアに戻ってもう24時間たつのに

ポリンキーポリンキー
三角形の秘密はね
ポリンキーポリンキー
おいしさの秘密はね

教えてあげないよ。じゃん♪

の曲が頭から離れません。
これ相当昔のCMだと思うんだけれど
うちの近所のピーコック(スーパーマーケット)で
ポリンキー明太味を見つけてから
頭でガンガンに鳴り響いているメロディー。
ポリンキーめんたい味はもう食べちゃったのに。

すごいねこの記憶の底にこびりついてるCM効果。
私、あんまりテレビ見るほうじゃないし、なかったけれど
ポリンキーとドンタコス(ドンタコスったらドンタコスといいながら
メキシコ帽のおじさんがステップを踏むCM)
は鮮明に脳に残っている。
CM終わっても(というかもう何年も前になるのに)
一般市民が口ずさんで(しかもアフリカくんだりまできても)
脳にくっついてるこのCMの威力。
ポリンキーポリンキー。

調べてみたら、これ作ったの同じCMプランナーさんなのね。
ドンタコスとポリンキーとバザールでござーるの人。
シンプルで、親しみやすい粘着性。
旬が終わっちゃうタレント採用じゃなくて
この△なキャラクターもいいんだね、きっと。

この破壊力をもってして
コイケやがアフリカ進出できないものか。
プリングルスやポテトチップスがあれだけ売れるんだから
日本のこだわりのスナック菓子はすごい売れそう。
ただのうす塩だって、こっちのSaltとは違うからね。
その辺の子どもが覚えて外でガンガンポリンキーの歌を歌って
スーパーでもさかなさかなさかなぐらい流したら
世界市場あっという間に凌駕できそう。

ちなみに、日清のチキンラーメンの人には
大使館のパーティーで会ったんだけれど、
日本食会社がもっとアフリカに進出してもいいと思う。
日本食レストランじゃなくて
日本食在アフリカ支店。
桃屋とか、マルミヤとか、カルビーとか。その辺。
乾燥してるのとか瓶詰めだったら
暑い気候のところでももつし
日本食の質の高さとアピール力とニッチ度をもってしたら
いいところまでいけそうなのに
ということをポリンキーのBGMを必死に消火しつつ
考える金曜日(本日週末)

d0153664_22101072.jpg

ポリンキーめんたい味(メーカー希望小売価格136円)
[PR]
by miomiomiomion | 2010-06-04 21:52 | かるちゃー

どまれ

昨日、Japanese がソマリ語だとJabanayseになるという話をしましたが、
早速後日談。

ジャパニーズがジャバニーズになるんだよ~と
同僚に話していたら彼女

「この前、オフィスに知らない男の人が来て

Can I please fuck the bycicle behind the office?
(オフィスの裏で、自転車とヤッていいですか?)


って聞かれたのよー、プリーズついてたから
とりあえず、どうぞって答えたけど、
よくよく何のことかと考えたらPark(駐車)だったわ。


大爆笑

Pの発音ができなくて、ファックに聞こえてしまったというシモネタ。
まぁ日本人もRとLの区別がつかなくて

We eat lice(私たちはシラミを食べます)

って周りには聞こえてしまったりするわけだから
その辺はご愛嬌。BとVの発音の区別も難しいし。
バングラディッシュ人はちCh(チ)の発音ができてなくて
「ランチ」が、「ランス」になってるし←かわいい
韓国人はツの発音ができないから「シャツ」が「シャス」になる。
まぁ普段使わない音ってのは、難しいわけですよ。
舌も喉もそれ様になってないから。

しかし、その会話をしていたときに差し掛かった
セキュリティーチェックポイントの、ゲートに書かれていたのは

STOB

いや、Pの発音はできないのはわかった。でも、Bにしたら意味わからないから!
いや笑った、笑った~タイミング良すぎ!
[PR]
by miomiomiomion | 2010-05-08 20:36 | かるちゃー

我不是中国人

今はユニセフの事務所を間借りしているので
普段会わないカウンターパートとか業者さんとかいろんな出入りがある。
今日、ミーティングに行くときに
ユニセフの別のミーティングが終わったのに鉢合わせて通路ですれ違ったら

「おお、中国人だー中国人だー」

というささやきが聞こえきた。街中だったら(特にまた会うこともないだろうし)
別に中国人でもいいんだけれど同じ業界だし
一応訂正しとくかと思って、もう通り過ぎたあとだったんだけれど
振り返って

「Aniga ma ihi Shiinays, waxaan anay Jabaanays」
(余談ですが、ソマリ語ではPがないので、日本人とジャバ人(インドネシア)は同じ発音っぽい)

と言ったら、超申し訳なさそうに

「おおーそれは申し訳なかった
Japan good country, China is not very good country」
と言われる。

そういう「日本はベターよ」な意図で言ったんじゃないので
「China is good country too」(いや、中国もいい国ですよ)といったら
「So what is the difference?」(じゃ、何が違うんだい)

という通路のすれ違いざまの制限10秒社交会話では、
模範解答が存在しない難題質問が返ってきた。

中国と日本の違いねぇ。5秒で?がっつと凝縮して?

この微妙に隣だけれど、いろんなセンチメンタルな問題がある国の場合だと
国籍を聞く、というなんてことない質問がちょっと地雷に変わったりする。
うっかりアイルランド人に「あなたイギリス人?」と聞いて
「いや、俺はアイリッシュなんだけど」(←ちょっと憤慨モード)
と言われて、あちゃーしまったーという困った空気が流れることもあるからね。

私はもう、今年だけでフィリピン人タイ人中国人韓国人アメリカ人など
(初対面で日本人となかなか言われないのはなぜ)
といろいろ言われて、別にそこでいちいち目くじら立ててることもないので、
いや、日本ですけど、と力をいれすぎないように否定するわけだけれど、一度、

君中国人?と言われて
いや、日本人ですけど、と言ったときに
あーごめんなさい、君は美人なので中国人かと思った
と言われて、反応にすごい困ったことがある。
これって、侮辱?それとも普通にありがとうでいいの?
ってかそのおじさん、私が中国人じゃないとわかった途端
もう用はないとばかり3秒で立ち去ってたし。

まぁ返答に困らなければ、別にナニ人でも別にいいけど、
中国と日本の違いねぇ、5秒で。

全く別の国です。隣にあるけど、別の国。
ソマリアとケニアみたいに、といえばよかったと後から思ったけどもう遅いし。
別に文化的云々を聞いてるわけじゃないじゃないのに
頭が無駄に廻りすぎて答えにたどり着かなかった。不覚。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-05-06 22:05 | かるちゃー

マッチョな夕食

同じコンパウンドに住んでいる某国連機関のセキュリティーオフィサー
ブルガリア人なんですが(←珍しい国籍)
なんていうか
スティーブン・セガールをちょっとおちゃめにした感じというか
大きくて、マッチョなんだけれど、くまさんっぽくてかわいいの。
(日本語だから書けるブログ)

バレーボールやってると、頼んでないのにコーチになってて
英語がわからなくても全然気にしないで
ソマリア人のチームメイトにかなり高度なアドバイスをする人。

そんな彼の本日の夕食。

ミルク一リットル
水一リットル
バナナ
アスピリン、ビタミンC入り

・・・なんとマッチョ!

「いつも肉食べてるから、週1はこれで血をきれいにするんだ」
とのこと。でもFull fatのミルクなところがマッチョポイント。
そういえば、脳卒中のときに、バファリン飲むと血が流れ出すだったっけ?
アスピリン飲むと、血がサラサラになるってどっかで聞いた遠い記憶があるけれど、
頭痛も熱もないときに、日常で血をきれいにするためにアスピリン飲む人って
あんまりいないよね、ってか初めて見たよ。

他の人も、完全菜食のベジタリアンのドイツ人だったり(ソマリアでこれは難しい。
ちなみにグレープフルーツの消費量がドラマチックに多い彼女。
体の半分はグレープフルーツでできてそう・・・)、
「俺は砂漠出身だから魚なんて薄気味悪いもんは食べん」という、
魚だけじゃなくて、野菜も食べない完全肉食のモーリタリア人だったり、
何の食事が出ても、最初に盛った食べ物が見えなくなるほどドカドカに
奥さんの作った乾燥チリをかけて食べるリベリア人だったり、
全部スープに混ぜちゃうバングラ人だったり、いろんな人がいて面白いです。

食事作る人はたいへんそうだけどね。

ちなみに食堂があって、ザンジバル人のおじちゃんとエチオピア人のおばさんが
ごはんを作ってくれて、みんなでごはんを食べてます。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-04-27 22:30 | かるちゃー