世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:衣食住( 35 )

真夏の12月

12月が早速始まったわけですが
季節感って大切ね。

日中30度超えて、
お日さまがいつもカンカン照りの場所にいると
師走の切なさ感が皆無。

スキマ風が吹いたり、雪がぱらついたり
木枯らしに木がゆれたり、という年の暮れは
どうしてもセンチメンタルになって
「ああ、今年も終わってしまうわ」な気持ちになるけれど
桜も海水浴も紅葉も雪が積もった山もない
一年がひたすらお日さま元気なここでは
パチンコやの軍艦マーチのように
一日が勇ましく繰り返されるので、
負けても、うまくいかないことがあっても
なんとなく大丈夫な気がする。

それでも、12月なんだね。
早いね。もう2011年終わりだね。
私は今年、何を達成したのだろう。

と年初めの「抱負」を振り返ってみると
抱負だけたててあとうやむやになってしまった項目がいっぱい
アラビア語週31時間とか。
一年で31時間やったかどうか・・・(汗)
自炊を増やすとか。(これはまぁしょうがないわな)

抱負とか目標って立てっぱなしになっちゃうことが
案外多くて、年の抱負をたてたら
月の目標に反映して
週の予定に落とし込んで
毎日のThing to doリストにいれて
とにかくしつこいくらいに
見返して
自分に確認しないと、
週31時間のはずが
年に31時間もどうだか、という
情けない結果になる。

スワヒリ語日常会話レベルって
この5年くらいずーっと言い続けてるよね。
ソマリアに論文を書く、とか
月に一回文化イベント、とか
立派な目標立てているのに
確認しないから
結果がおいついてないんだ。あわわ。
で、とりあえず11月の目標は。

1.よい本を2冊読む - OK
2.合計30キロ走る - ほぼOK
3.感情のコントロールをする(怒らない!)-ほぼOK
4.いらないものを捨てる -ほぼOK
5.週3で腹筋50回 -最初の一週間と最後の一週間だけOK
6.収入の一割を他人のために使う -△
7.思い出した人・友達にきちんと連絡をとる(人間関係の強化) -OK
8.お金の管理をきちんとする(投資の勉強)-投資の勉強はしてないけど官吏はOK
9.2011の予定をたてる -12月に持ち越し
10.彼を大切にする -もっとがんばろう

12月の目標
1.リーダーシップの本を読む
2.お金の管理をきちんとする
3.感情コントロール
4.ナイロビの家を人間の住む環境にする
5.クリスマスカード、メール、友人にちゃんと連絡をとる
6.合計50キロ走る
7.2011年の予定をたてる
8.家に人を呼ぶ。ナイロビでは50%自炊する
9.いらないものを捨てる。生理整頓を完璧にして2011を迎える
10.アラビア語を毎日1時間やる(今更)
[PR]
by miomiomiomion | 2010-12-01 18:57 | 衣食住

味噌汁長者

年末大掃除が終わった←早っ
ソマリア部門。
ナイロビのうちにはまだ開封してない
ダンボールが9つもある。

飲んでない味噌汁が96食分も出てきた。
というか前回日本に帰ったときに持ってきたのもほとんど消費してないし
2年前に日本に帰ったときに買ってきてのも残ってる。
当然ながら半分以上賞味切れ。
2009年11月とか。2010年5月とか。
瓶詰めの塩辛も
ゆず胡椒のふりかけも
マルミヤのすきやきふりかけも
唐辛子昆布のふりかけも
お茶漬けのもとも出てきた。

っていうか、全部その存在を忘れていた。

日本に帰ると「(ソマリアでは手に入らないから)買わなきゃ」という
焦燥感に襲われて日本食商人かってくらいたくさん買ってくるわけだけれど
ナイロビではまぁそれなりにおいしい日本食が食べられるし
ソマリアに帰ってくると日本食を食べたい本能が冬眠するので
せっかく持ち込んできた日本食が活躍する場がないのだ。

というか、こっちのごはんって微妙ににおいがあってねー
それをごまかすために
ヤギのスープで炊いたり、シナモンいれたり、トマト味にしたり
スパイスで茶色になったりするので、

白いご飯+ふりかけ

という王道の楽しみ方ができない。
ゆず胡椒のふりかけをシナモンごはんにかけるってどう?
ね、微妙でしょう?
同じく、食べ合わせっつーものがあるから
ラクダソテーには、やぎのクリアスープ
スパイスごはんには、トマト味のシチュー
で、味噌汁には・・・・

普段のメインであるラクダとかやぎって味噌汁に合わないんだよ。
で、昨日せっかく新鮮な魚を市場で仕入れてきたのに(10キロ1800円という破格値!)
仕上がってみるとトマト味。どうして新鮮な魚をヤギ肉とおんなじ調理法にするかなー
炭火で焼いて、塩コショウ、とか
炭火で焼いて、ちょっとライム落としてしょうゆ、とか
そういうワビサビな食べ方をしないと。
味噌汁をおいしく飲むには。

ということで96食分の味噌汁をかかえ途方にくれる11月の末。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-11-27 23:57 | 衣食住

掃除ノススメ

運気をあげるには

掃除をする

がよい。
パワースポットに行くとか、セミナーに参加するとか
ナントカ色の洋服を着るとか幸運グッズを購入するとか、
そういう「プラス」の行動が悪いわけじゃないのだけれどその前に
今の自分を今の状態に至らしめている環境を確認して
いらないものと運気を下げているものを完全に排除する
「マイナス」の行動をしておかないと効果がない。

くさいトイレに芳香剤まくのと一緒。
くささの元を断たない限り、芳香剤の効果がないどころか
余計ひどいことになるでしょ。

お祓い、なんかもそうなのかもしれないけれど
自分についてる余計なものをなくしていく
その空間に新しいもっといいものが入ってくる。
それはモノだけじゃなくて、執着心とか嫉妬とか憎しみとか
そういう自分の精神を淀ませる粘着性のある感情を手放すことも含めて。

というわけで最近、物欲が全くなくなったわけではないのだけれど
不要なものをせっせと捨てるように心がけている。
なんかもったいなくて、とっていてしまうものって結構あるんだよね。

3分の1くらい書いてあるノートとか
いつの間にか片割れがないんだけれどそのうち出てくる可能性がありそうなピアスとか
2色出なくなったんだけれどかすれた赤色と緑色だけ出る4色ボールペンとか
何年前に買ったか覚えてないんだけれど高かったことだけ覚えてる
もう使わないイブサンローランのファンデとか
全部まとめてゴミ箱にIN.
新しいことをきちんと書き込んでいくには昔の記載があるノートはやる気がそがれるし、
片割れが出てきそうな可能性を信じて5年もたってるんだからもういいだろうピアスも、
緑ってそもそも使わないよねな3色ボールペンも
そもそもファンデ使うのやめてもう2年になるわけで

絶対いらないのに、なぜかとっておく

というこの生ぬるいメンタリティーを断ち切ることで
なんていうか、人生の風向きが変わる、というかね。

だいだい大きなチャンスとかいいことが起こるのって
ばっさり掃除した後なことが多い。
今の彼に出会ったのも、
ズルズルしていた関係をばさっと切って飛び出したエジプトだし、
パキスタンの短期ミッションの話が来たのも、
オーナーのモノが溢れていて大きい家だったけどちょっと嫌だよねと思って、
新しい家を借りた直後のことだったし、
自分の実感として掃除をするのは、
人生の向上に非常に効果があると思うわけ。

というわけで、別に人生に停滞感があるわけではありませんが
2010年も最終月を迎えることだし、今週末はまた
ばっさり掃除をしようかと思っているところです。
ほつれちゃっててそのままになってる部屋着を直したり
123が表示されない計算機とか(意味ねー)
もらったのだけれど全然好みではないアクセサリーとか
何が入ってるのかわからないDVDとか
全部処分だ!
[PR]
by miomiomiomion | 2010-11-25 02:54 | 衣食住

幸せの値段

パキスタンは物価が安い。
ムルタンは特に物価が安い。

朝ごはん30円とか
ポテトチップ25円とか
コーラ1.5リットル70円とか
サンダル100円とか
(おっしゃれーなサンダルも2000円くらいで山ほどある)
戦前の駄菓子やみたいな値段である。

d0153664_2259353.jpg


こんな感じ。新鮮な野菜と果物をどどんと買って200円くらい
ちなみになすは米ナスで、にんじんは(ここにはないけれど)京にんじんみたいな感じ
今日はきれいな布を買って(800円)
テーラーメイドで服を作ってもらうことにした(400円)
1200円で服が作れるって素敵でしょー?
ちなみに作ってないけど
男性のスーツなんかもかなり安く作れるらしい。
正規のリーバイスのショップがあるんだけれど
ジーンズが3000円だったり(しかし、ココの物価水準ではかなり高い)
セーターが600円だったり、
一万円あるとすごい買い物のしがいがあるところ。
ローカルなところだとBBQいっぱい食べて、
アイスも食べて、1人頭500円弱くらい。

今日は市場を歩いていて
染めのきれいな大判のスカーフを買ったのだけれど
150円って言われて
うわーそんなに安いのか!とびっくりしたら
店主が慌てて
120円でいいよ!って・・・

ちなみに今1ドルが85ルピーなので
ほぼパキスタンルピーと日本円の価値が(対ドルで)一緒なんだけれど
同じお金で何ができるかってことを考えると
パキスタンの生活の質は比較にならないほど高い。

ま、一般のお給料もそれなりに低いから
単純に安い安いと喜べるわけではないけれど
生活感覚として
20万貰っても預金がほとんどできないような物価高の国よりも
5万円あってみんなが幸せになれる国のほうがいいなぁと思う。

ここでは誰と食べに行っても
みんなが気前よくおごろうとする。
もらっているお給料が高いとか少ないとかじゃなくて
自分の持っているお金でみんなが幸せになれればいい
みんながそういう考えでお金に対する過度の執着がない。

お金は天下の廻りモノ。
幸せはお金で買えないけれど
お金の使い方で幸せはどんどん増大する。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-10-31 22:55 | 衣食住

毎日豊乳

ムルタンでは結構野菜が手に入ります。
オクラ、カリフラワー、ナス、ゴーヤ、きゅうり
にんじん、いんげん、ほうれんそうなど。
こちらの人に料理してもらうとおいしいんだけれど

全部カレー

になってしまうんですが
しょうゆもってきてるし(←旅の基本持ち物)
レトルト味噌汁あったりするから
うまく自炊をすればナスの味噌いためとか
野菜のあんかけとかできそう。

d0153664_2474933.jpg

やおやさん。見たことのない野菜もいろいろ並んでます。

果物も柿(ジャパニフルーツ:日本の果物という名前で売られている)、りんご
マスカット、オレンジ、バナナ、マンゴー、ざくろが手に入ります。
今はざくろの季節らしくどこの店先にも赤いまるいざくろがいっぱい並んでいて
それも一キロ100ルピー(だいたい120円くらい)という嬉しいお値段。

ざくろってなんか体によかったよね?
瓶詰めのざくろジュースとかサプリメントとかいろいろあったよね?
となんとなく思い出して
じゃあ毎日食べよう!とせっせと一日一ざくろを実行。

で、はたと今日思い当たって
「果たしてざくろは具体的に何が体によいのか」調べてみた

更年期障害
・・・・さすがにまだ全然関係ない

不妊症に効果あり
・・・・今妊娠する予定なし

成人病予防
・・・・まぁいいけど、あんまり困ってない

・・・とここまではふーんって感じなんですが

女性ホルモンを活発にさせ
つやつやの髪の毛やぷるぷるの肌を作る

・・・!!!

あとこんなのも

豊乳

そういえばなんとなくブラがきつい気がするんですが
ジーンズもきつくなってるところをみると
豊乳というわけではなくて

ただ太った

だけか。カーン

しかし、油も十分とれているので確かに
肌も体も調子がよい。
こういう仕事は頭脳云々よりまずは
スタミナ、胃袋、面の皮だから、
この際、ジーンズが少しきつくなるのはよしとしよう。
ついでにボイン(死語?)になるのは大歓迎。

冷蔵庫でざくろを一粒ずつ食べながら夜9時半からの
テレビでカンフー映画をみるのが今のささやかな楽しみ。
若かりし頃のジャッキーチェーンとかジェット・リーとかみながらざくろ。
彼らが世界中で熱狂的に受け入れられているのが
よくわかります。カンフーいいわねぇ。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-10-11 02:23 | 衣食住

パキスタン腹

パキスタンについて2週間、体重2キロ増。

先月はハーフマラソンあったので
運動量かなり高かったし、
ベスト体重維持できてたし
筋肉もいい感じだったんだけれど
いまやなんも運動やんないで
食べるだけ食べてるから
カラダが劣化してそう。

ホテル(というかゲストハウス)は
ジムもないし、庭も狭いし
ここムルタンには外国人たくさんいるはずなんだけど、
全然見かけない。
市場歩いただけで私たちの周りに人だかりができちゃうくらい
外国人比率小。
外も歩くのですら警護をつけないといけないここで
走るなんてもってのほか。

そりゃ個人でバックパックしょってきてるわけではないから
その辺は自覚してちゃんとルールに従うわけですが
運動できないってのは、辛いよー!

フィールド出張があるじゃないか!・・・と思うかもしれませんが
行きも帰りも全部ランドクルーザーで
車の通れない山の道なき道を徒歩でいく、
椎名誠みたいなシチュエーションもないし
加えてホスピタリティーが超ど級に高いパキスタンの人と一緒にいると
はい、コーラだ、はい、ティーだ(もちろんミルクと砂糖入り)
はい、パキスタニスイーツだ、はい、スナックだ
と年がら年中物を食べさせてくれる。
しかも原材料がギー(油)とかミルクとか砂糖とか炭水化物とか。
ごはんもおいしいんだけれど、油がすごいしね
スパイシーだからごはん(+チャパティ)がすすむしね

ってなわけで縦にわれていた腹が横向きに重力シフト。
パキスタニスタンダードでは
「みおはあと10キロ太んないとだめだよ」なんですが
ジャパニーズスタンダードは
違うんですって。

しかしパキスタンに昔在住していた友人の話を聞くと
結構おなかを壊している人が多くて、
中には赤痢まで経験しているつわものも・・・

「うん、パキスタンではどっちにしても最終的におなか壊して
体重減るから心配ないよ!」

そうか!じゃあ安心だね!!
・・・とはいえませんが。

とりあえず、日本・アフリカから持ってきた
Penのカラダデザイン宣言(2010年4月15日号)と
ターザンの筋トレ特集と
Woman's health(南アフリカの健康マガジンなんだけれど
記事内容が充実していてとっても◎)
を順繰り順繰りに読みながら腹筋腕立てとヨガ。
あともってきてるんだけれどやってないのが
DVD Fat burning workoutとビリーのブートキャンプ(笑)
クリスティアーノ・ロナルドが一日3000回の腹筋をしてるって
ちょっとInspiringな情報ではあるわけだけれど
まぁ一日50回やればいいよね。
あとは果物をたくさん食べてます。ざくろとか柿とかりんごとか。
ここぞここで!ということはちゃんとやる。

d0153664_1113383.jpg


いい感じでしょう?コレ全部で80円くらい。
市場で普段みかけないグレープフルーツを発見。
果物やのおじさん、英語がでてこなくて
「この果物、うーん、”スパイシー”だけどいいか?」って聞くんだよね。
スパイシーなグレープフルーツ??
・・・よくよくつっこんでみたら”すっぱい”と言いたかったらしいです。ふふふ。

パキスタン料理ですが、はっきりいっておいしいのです。
羊肉がこんなに臭みがなくてとろけるようにおいしいって初めて知ったわ。
スパイシーな棒肉団子(コフタ)とか
ヨーグルトチキン(デヒワラ)とか
チーズチキン(名前失念)とか
それが全部いっぺんに出てきて食卓に並ぶわけで。
毎日食べても全然OK.

しかし、1ヵ月後が恐ろしい。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-10-01 23:47 | 衣食住

進ぬ!日本紹介

ミーティングがあるのでナイロビに出てきました。
ホテルというかゲストハウスに缶詰なんですが
夕食は外に食べに行きます。

今日は3人のソマリア人と日本食へ。
・・・というか基本私が食べたいから道連れにするわけですが
こういうことでもないと彼らは

一生ソマリア料理だけ

で終わるので、(いや本当に冗談じゃなくて)
こういうときに力づくでもよその国のもしかしておいしいものに気づく
可能性を提供する、というのは私の役目です(←誰も頼んでない)

さて、何を食べようかという段になって
一応「何が食べたい?」と聞いてあげますけど

ソマリ1「あまりスパイシーじゃないのがいい」
ミオ 「問題ありません」
ソマリ2「なんでもいいけど、料理をしてない魚はいやだ」
ミオ 「はいはい」
ソマリ3「やぎがいい」
ミオ 「日本ではやぎは食べないよ」

ソマリ3「えええ、やぎを食べないで日本人は何を食べるの?!」←素で驚愕
ソマリ2「彼らは料理をしてない魚を食べるんだよ」←彼は前に日本食に連れてきたことがあるので
ちょっと物知り顔
ソマリ3「なんで料理をしないの?」
ミオ 「そのほうがおいしいからだよ」
ソマリ3「塩も入れないの」
ミオ 「塩じゃなくてしょうゆで食べるんだよ」
ソマリ2「しょうゆって何」
ミオ 「黒い豆でできたソース」
ソマリ2「・・・おもしろいね」

・・・

ソマリ「日本にはやぎはいないの?」
ミオ 「フレンドパークみたいなところにいるよ」
ソマリ「なんだよそのフレンドパークってw」
ミオ 「動物に触れたり一緒に写真とったりできる公園」
ソマリ「お金かかるの?」
ミオ 「2000円くらい?」
ソマリ「高っ」
ソマリ「で、食べないの」
ミオ 「食べません」

やぎを食べないで、料理をしない魚を食べる国。
私たちにしてみたら全然不思議じゃないけどね、
ソマリアで40年とか生きてきたら
そりゃちょっと脳みそ裏返して揉みこまないと理解できないニューコンセプト。

ソマリ3「そういえば、何かで船が沈没して魚が人間を助けたっていう
記事を読んだことがあるよ」
ミオ「それって、いるかでは・・・」
ソマリ2「日本人はいるかも食べるの?」

・・・一瞬ポリティカルな質問かと警戒しかけましたが
別にそうではなくてただ「魚を食べる日本人」カテゴリー内の質問のようでした

ミオ「いるかは魚じゃないからそんなに日常的に食べないよ」←含みを持たせた回答。
ソマリ1「ああ、でもいるかの耳を食べるじゃん。1キロ100ドルするって聞いたよ」
ミオ「いるかの耳?!」
ソマリ2「あれは耳じゃなくて翼だよ」
ミオ「・・・それはフカヒレのことでしょ、そりゃサメだよ、サメ」
ソマリ3「それは翼じゃなくてアンテナじゃないの?」
ミオ「ひれだよ」
ソマリ「ひれって何」←確かに

ひれって耳じゃないことは確かだけど、翼でもないよね。
アンテナ?手羽先?フィレって何。うろこ?

ソマリ3「で、その手でもアンテナでも耳でも翼でもいいけどサメのどこがおいしいの」
ミオ「味っていうか、食感がいいんだよ」
ソマリ3「食感ってどんな感じ?」
ミオ「・・・」

フカヒレってなんでそんなに高価なんでしたっけ?
味がよいから?コラーゲンたっぷりとか?フカヒレを食べたことのない人に
そのよさをわからせるほど私もフカヒレに熟知してないしな

・・・ってかフカヒレって日本食材じゃないし・・・と我に返った頃には
もう話題が他に移ってました。

で結局ビビンバ食べました。日本食じゃないし
(ちなみにナイロビの日本食レストランはほとんどKorean&Japaneseです)

おいしかったのでよかったことにします。
あー笑った笑った。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-25 23:24 | 衣食住

まるごとスイカ

オフィスの台所の”冷蔵庫”、
温度設定がきちんとできてなくて限りなく”冷凍庫”に近い。
だから3時間くらいいれておく分にはいいんだけれど
一晩入れておくと野菜も肉もスイカも凍ってしまうのだ。
日中35度超える場所だから、
それくらいが食糧の保管としてはちょうどいいのだけれど
2日目のスイカ(一日半分)がいつも

一回凍って解凍されたもの

がでてきて、イマイチなのー!
今日は、90分走ってから
断食明けのごはんにありつく。
今日のスイカは一日目。

夜、おなかがまたすいたので
台所に侵入。
残りの半分のスイカがパーフェクトに冷えていることを発見。
Just凍る前のきーんとしたスイカ。
甘さも倍増で赤も鮮やか。
ここのスイカラグビーボール二つ分くらいの大きさあるから
(丸くなくて楕円形)
結構大きくて食べごたえあり。

ああ、そういえば子どもの頃

スイカを丸ごとそのままスプーンですくって食べるのが
密かに夢だった

ことを思い出した。
その夢は2000年にユーゴスラビアで一回叶っているのだけれど
今日も丸ごとスイカを食べてしまったわ。
スイカを丸ごとキーンと冷やして
そのまま食べられるって、考えてみたらとっても贅沢。
中部ソマリアは、マンゴーとスイカとグレープフルーツくらいしか
果物がないのだけれど、どれも甘くてしかも安い。
スイカ一個、100円しないって素敵じゃない?

これからはちょくちょくスイカまるごと食べよう。
夢の生活だ←レベル低
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-23 21:20 | 衣食住

心頭滅却空腹忘却

断食5日目。

要するに、神経を「空腹感」に集中させなければ
食欲を感じない、ということなのだ。
心頭滅却するとなんとかってのは
暑さにだけ有効なわけではなく、
あらゆる辛さに対応できる。
今日はビジターが来ていてその対応に一日中追われていたので
「ああ、おなかがすいた」と気がついている暇がなかった。

しかし、体にはそれなりに負担が来ていると見え、
昨日5キロ走っている間に二回ほど
まるっきりおんなじ場所で

すってんころりん

と転んだ。
こんなまともに転んだのって何年ぶりだろう・・・
だいたいなんかにつま先がつっかかっても
反射神経ってか瞬間運動神経が発動されて
おっとっとってところで停止するからまともに転ばないよね、
大人になると。おまけに走ってるからスピードついてるもんで
一回目はがつーんと膝をついて、手のひらでストッパーをし
二回目もがっつーんと膝をついて今度は左向きでずずずと
ひきずったので顔まですりむいてしまった。
左ひじを強打し、擦りむき、
手のひらと膝小僧にすりきず。
ひざこぞうにまるまるふたつかさぶた(計4つ)ついてる30代独身女ってどうよ。

まぁひびが入ったってことはないでしょうけれど
歩いてもかがんでも痛みを感じます。
痛さと忙しさに気を取られている間に
今日は全く空腹感を感じずに終わってしまいました。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-15 22:16 | 衣食住

猫道支援

5匹いた子猫が3匹になってしまいました。

週末はえさをあげる人がいないので
オフィスから、宿泊所というかゲストハウスに
母猫ごと箱にいれて持ち帰ってきてたのだけれど
(もともと母猫はこのゲストハウス出身)
こういう生活共同体生活をしていると
全員が全員猫好きじゃないしね、
衛生状態がどう、とか
アレルギーがどう、とか
いろいろ文句をいう人がいるわけですよ。
もともとこのゲストハウスから
うちのオフィスに移動させたのも

子猫が大量に生まれて困るから
捨ててしまおう

と言った人がいたので
路上で殺される前に
助けなくては!
と人道支援ならぬ
猫道支援に走ったわけですが。

別にえさやれ、とは言わないけれど
猫を蹴飛ばす人ってだめだよね、人間として。
人道支援に携わる人が全員人格者なわけじゃないし
まぁ猫を世話したから人格者ではないわけだけれど、
こんな生まれたばっかりで手のひらサイズの
小さな小さな生き物をみて
「捨ててしまえ」と言える人を
私は信用しないよ。

と鼻息荒かったわけですが
週末部屋にいれておいたら
ゲストハウスのマネージャーが

「ごめん、部屋に入れるとにおいがつくのと
文句を言う人がいるので、ラジオルームの外に移したよ」

というのです。
まぁしょうがないかなと思って
ラジオルームに行って
「ごめんね、週末だけだから
気をつけててね。Please keep eyes on them.」

No problem!って笑顔で答えてた
ラジオオペレーター君。

昼ごはんの時に見にいって5匹とも元気に
ママのおっぱいを飲んでて、
夕飯の時に、見に行ったら3匹しかいないわけ。

ミオ「ちょっと、2匹どこ行ったか知らない?」
ラジオ「あの黒い猫が連れてって食べちゃったよ

えええええええええーーーーー
黒い猫って、ライオンと領域争いをしているデストロイヤーのことですが。

ラジオ「3時くらいに一匹連れて行って
君たちがバレーボールをやっている間に次の一匹が連れてかれたよ」

・・・・・・・・・

ちょっと、このかばんトイレに行く間見といてくれる?っていって
トイレから帰ってきたら
「知らない紺のジャンパーを着たおじさんがもってっちゃったよ」
っていうのと同じだよね。

止めてよ・・・

なんていうか、怒りのレベルのマックス針を振り切って静止状態心底脱力。
がっかりってのと、かわいそうってのと
なんでよってのと、こんなのありえる!?ってのと
生きてる子猫食べるか!?ってのと
どうしてちゃんと安全なところに移さなかったんだろう後悔と
ラジオオペレーターの悪気が全然ないのがびっくりってのと
とにかく25くらいの思考がばーっと
脳内を駆け巡ったんだけれど。

ラジオ一言
「Don't Worry. You still have three!」

・・・orz

次の日、デストロイヤーが軒下でふてぶてしく丸まっているのを見つけて
石の一つも投げて追い出してやろうと思ったんだけれど
目やにだらけの腫れた目で感情のない表情をこちらにむけている彼をみたら
霧消に泣けてきた。
彼には誰もえさをやってないし、かわいがってないし
友達もいない。いつも他の猫とけんかして傷だらけで
人間にも邪険に追い払う嫌われ者。
傷だらけだし、かわいくないし、目やにだらけだし
誰にも心を許してないのに
なぜかそれでも彼はずぶとくここで生きている。
(捨てられる危機に瀕してもそれでも)たくさんの人に愛されてかわいがられている
かわいい子猫をこっそり連れて行って
食べてしまったのではなくて
もしかしてどっかに隠しているかも、そんな気すらしてきた。

なんていうか自然ってのはこういうものなのかもしれない。
非情で冷酷で滑稽で。

母猫は3匹にミルクをあげながら
目を細めながらゴロゴロ喉をならしていた。

「生き物の死」というのは
ここでは人間も含めて
神の御心によるものだから
大騒ぎをしないのが流儀。

毛がまだぽよぽよで
目も開いたばかりだったのに
あっという間にいなくなってしまった二匹の子猫が
どこかで幸せに生きていますように。
[PR]
by miomiomiomion | 2010-08-10 02:41 | 衣食住