世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

突撃京都

夜行を使っていざ、京都へ!
日帰りで新幹線でもいいか、とも思ったのだけれど
東京まで出るのにも、東京からも帰るのに時間がかかる

東京の端っこ

に住んでる私は、朝一番の新幹線に乗ろうと思ったら
前日は都心に泊まらないといけない計算になるわけ。
せっかくだから一泊しようかと一泊プランプラス新幹線を探しても
感じのよいところはどこもお二人様~になっている。
京都の一人旅って結構いるんじゃなかったっけ?

で、いろいろ調べること30分、夜行バスで行って、ドミトリーに泊まるという
青春時代みたいな旅程に決定。
あ、でも帰りは新幹線で帰ってくるところがちょっと大人(笑)
行きも帰りも夜行バスってほどじゃないんだけれど
時間が有効に使えるっていう点では夜行バス優秀なんだよね、
東京駅まで行かないで、立川駅から出てくれるところもありがたい。

で、値段が2500円という。
ちゃんと銀行口座をチェックしなくても困らない生活にはなったけれど
私の生活一般は「セレブ」では全然ない。大人買いもしないし、高級品も別にもたない
(一年に一つは本物を買おうと決めた以外は)
で、なんていうか生活一般が、上流だけだと絶対楽しくないと思うのよ、
強がりでなく。
高級レストランのよさとおいしい定食やの違いは、
フェンシングと相撲がどちらが強いか比べるようなもので
そもそも土俵が違うってことだ。
お金がないからぎりぎりの選択しかいつもしないというのも
大人になったらさみしいけれど
お金があるからいつも一番便利で高い選択するってのも
つまらない話だ。上手に組み合わせて一番おいしいところをちゃんといただく、というのが
楽しい大人の流儀。

で、夜行バス。
結構若者だけじゃなくて中年のカップルとかおじいさんなんかも使っていて
16人も立川から一緒に乗ってた。毎日立川から京都にいくってのもすごい話だけれど。
で、一路ぐっすり寝て、朝の5時半には京都駅に着。

今考えれば座禅にいけばよかったのだけれど、
朝のコーヒーショップを探して歩くこと1時間半。
なか卵があるくらいで、感じのよい朝開いてるコーヒーショップ皆無。
ホテルの喫茶店も7時からだからね。
で、7時にコーヒー(というか抹茶オレ)にありつけて
ホテルに泊まっているラオス事務所の同僚のドイツ人に会いに行く。

今日は彼女の誕生日だから、遠路はるばる京都までやってきたってわけ。

予約をとっておいた瓢亭の「おかゆ御膳」を食べに行く。
ネットで評判がよかったんで
楽しみにしていったのだけれど、別館だからなのかなー
スタッフの部屋から結構どたばた出入りがあって
あんまり落ち着かず、期待していたほどではなかった感じ。

それから清水寺までいって、舞台を飛び降りないで

陶芸体験

d0153664_22354243.jpg


芸術家肌のコニー(←友達)が日本にきて瀬戸物に目覚め
「陶芸やりたいわ!」ということなので
行った先がこれ。

さくさくーと手ひねりで作ったのはお椀。
私もやりましたさー。
コニーのほうが格段にうまかったのだけれど(お店の人もその腕前にびっくり)
「みおのほうが8万円のお茶碗みたいになってるわ」とのこと。
確かに、べらぼうに高いお茶碗には私のみたいにちょっとゆがんだのもありますね(錯覚)

それからお茶付で「都をどり」へ。本物の芸者さんって初めて観たかも。豪華絢爛!!!

で、コニーとお茶して、6時に京都駅まで送って(彼女は鹿児島へ)
私は玄ちゃんと待ち合わせ。

この玄ちゃんとはアフリカ(1995年)で出会って以来だから実に18年ぶりという懐かしさ。
年賀状とか最近ではFBでやりとりしているのであんまり久しぶりという感じがしないのが不思議。
坂本龍馬が愛したという水炊きやさんへ。

18年ぶりだからいろいろ話すことがあるわけですよー
会ったときはなんせ二人とも学生だったし(笑)
ま、そんなんでおいしい水炊きよりも断然会話がメインになっちゃうわけだけれど
こうやって久しぶりにあってもがんがんしゃべれちゃう関係って理想。
いまさら、隠すこともないし(というか知らないことだっていっぱいあるし)
18年分話すってそもそも無理だから、まずは「今」を軸にして、
今だって十分話すことがあるわけで、そこから昔に飛んでいろいろからめて
時間旅行する。
給仕してくれる女の子がたじろぐ勢いで会話する二人(笑)

昔、友達だった人とこうやって関係を「上書き」できるのって
全く新しい出会いとも、昔からずーっとつながっている幼馴染とも違う
新鮮さと心地よさがある。

あんときは二人とも似たような、やりたいことがいっぱいあって
海外にばんばん出て行くただの怖いもの知らずの学生スペックだったのが
いまや方や芦屋の歯医者さん、こちとら東南アジアで給食担当ですもの、
アフリカで出会わなかったら全く接点がないわけで。

で、水炊きのあとは大人な感じのバーによって、
彼は終電には間に合うように帰って行ったのだけれど
私のほうはドミトリーに戻り、
昼間一緒の時間にチェックインしたアルゼンチンのイケメン三人と飲み、
途中から入ってきたフランス人のビジネスマンと政治談議して、
3時くらいまでがんがんしゃべり続き。
あーこういう空気、懐かしいなぁ。いろんな人といろんなことをしゃべって
飲んで、笑って、考えて。
あんときに比べたら私の英語も格段に伸びたし(でなきゃ困る)
人生経験も話のネタになるようなこともいろいろ積んできたんで
今度は違った立場から、話題を提供できる。

大人になって、いろんなものがグレードアップするのは素敵なことだけれど
夜行バスやバックパッカードミトリー的要素を
自分の人生から完全に排除したらもったいないなとかちょっと思うわけ。
年齢とか、肩書きとか関係なく、私たちは常に周りの人から
刺激と知識と新しい視点をもらうわけだから

朝から夜中まで(というか朝まで)
充実度120%の京都でした。ちゃん♪
[PR]
by miomiomiomion | 2012-04-22 01:58 | 旅の記録

日本上陸1日目

なんで帰国初日から新宿サウナ泊まりかというと
次の日朝から新宿で用事があったわけなのです。

①カメラの修理(9時から)
②ファンケルで健康チェック(10時から)
③新宿でネイルサロン(12時から)
④ヘアサロンでヘアトリートメント(14時から)
⑤高田の馬場で脱毛サロン(17時から)

というパーフェクトな「日本上陸一日目」プランだったんですが
ニコンサロン行ったら

営業開始は10時半から

がーんorzこれじゃ、銀座のファンケル行けないではないか・・・
営業時間のチェックをしてないのは不覚。
しょうがないので新宿のカフェで予定の練り直し。

で、カメラ修理。
バイクで事故って壊したD700ですが
修理代の見積もりが

9万円...orz

私の腕的にはきっと10万のカメラで十分なんですが(昔はD90を使っててちょうどよかったです)
今ちょっと人生にいろいろ手違いがあって30万円くらいのカメラを使ってたのです。
で、事故って壊してから5万のカメラ(盗難にあい)→1万5千円のカメラと変遷しているんですが
あんまり写真の質が変わらないらしく、特につっこまれることなく
「さすが、みおはいいカメラを使っているからか写真がいいねー」といわれるんですが
今の持ち歩きカメラは全然違うわけです。

ということで、一瞬ひるみましたが、
頑張って修理から戻ってきたらこのD700を使いこなせるように
カメラの勉強を頑張ろうと思いました。
でも、ちょっととるのに、やっぱコンデジって便利よね。
今、コンパクトデジカメの進化すごいし。

で、それからネイルサロンへ。前に一度やったことはあるのだけれど
進化めざましいのはカメラだけじゃなくて
爪もジェルネイルだかスカルプチャーだかカルジェルだか
全然わからないので
できるだけ怖いお姉さまのいなそうなサロンへ。

ああいうところって私萎縮しちゃうんだよね。
なんか聞かれて、ちゃんと答えなくては!と思ってしまう。
そりゃ知らなかったら知らないっていえばいいわけなんだけど
日本女子の平均が当たり前に知ってることを知らないって
ちょっと恥ずかしいんだよね。

イケテル女子を無理やり演出する必要はないけど
最初っからソマリアやラオスカードを切って
「私日本に長くいないから知りません」ってすごいっぽい(でも変な)人カテゴリーを
ふりかざしたくないのです。わかるかなー?この複雑な乙女ゴコロ。
いろいろわかって「変な人」って言われるのは快感なんですが
全然わからないうちから「変な人」と思われるのは屈辱。

で、おかげさまで秋田出身の美人でやさしいお姉さま
(といっても私よりもちろん年下でしょうけど)
にやってもらい(店長でチーフという)、私の爪も素敵になりました。
ジェルで、ベージュピンクの斜めフレンチ。銀のラインをいれて
ストーンを薬指に3つ並べました。・・・・とかそういうことを得意げにいいたいワタクシ。
やーん、素敵~

ヘアサロンと脱毛サロンは割愛して(あ、この脱毛サロンは4年前に”何度通っても”
というプランで支払ったのですが
2年ぶりに全2回目という利用頻度の低い客な私。
ずいぶん長くいらっしゃいませんでしたね~と言われました。
ま、そりゃそうだよね。3ヶ月ごとって無理っす)

で、夕食はおうちで。あーやっぱりおうちでごはんはいいなぁ。
[PR]
by miomiomiomion | 2012-04-20 21:29 | 旅の記録

素敵日本

到着!

日本だ日本だわっしょいわっしょい!

しかし、ついたのが夜の11時に羽田。がーん
これだと実家のある最寄駅まで帰れないんだよね・・・・
タクシー乗ったら1万くらいかかるし、ということで
本日のお泊りは。

新宿のサウナ

ここ、男性はカプセルホテルなんだけれど
女性は大きなお風呂とかサウナがあって
その上の階に「お休み処」ってのがあって
マットレスがひいてあるとの前情報。
女性限定階。

ちゃんと稼ぐようになったけど
別に一人で泊まるんだったらそんなファイブスターじゃなくていいし
大きなお風呂があって、交通の便がよければそれでいいんだな。
贅沢をいうとマットレスは硬いほうがいいけれど。

いやーさーそういえばよく学生時代電車乗り過ごして埼玉まで行ってたんだよね。
起きたらビックリ本川越。
タクシーに乗るお金もないけれど
まだマンガ喫茶なるものもなかったし、
お金のない人はカラオケに泊まったりしていたけれど
私が気に入ってたのスーパー銭湯。
酔って寝て起きたぐだぐだの体をあったかい湯船に浸し
しかも菖蒲湯とか、みかん湯とかそういう特別なお風呂があったり
泡がぶくぶく出るジャグジーとかミストサウナあったりね
なかなかいいんですよ、夜のスーパー銭湯。

ホテルに泊まるよりも安いし、大きなお風呂気持ちいいし
たまに面白いおじさんとかおばさんに会ったりもして
一緒にビール飲んだりしてね(まだ飲むんかい)
(お風呂はもちろん別だけれどお休みどころは男女別でなかった本川越)

そんな思い出を反芻しながら向かった新宿のサウナは結構オサレ。
なんせ女性限定階なんだけれど、来ている女性も若い子からおばさん、おばあさんまで
年代カバーしているし、派手なお姉さんもいれば上品なお姉さんもいて
かわいいおばあちゃんもいて、敷居はとても低い感じ。みんなだいたい一人できていて
「帰れないからサウナで泊まろう」みたいな人もいるけど
よっぱらいもいないし、どちらかっていうとスポーツクラブの更衣室みたいな印象。

で、ついたのが12時半で、途中ごはん食べようかなーと思ったんだけれど
もうなんせ12時半すぎてて、「女優は8時以降食べない」という情報を耳にしてから
一応参考にしている私としては、ちょっとま、朝までがまんしちゃおうかと思ったとわけ。
機内でも寝ててご飯逃したのだけれど「日本ついたらうまいものくうべ」と思っていたのに。
もしかして最終間に合うかもーと思ってごはんも食べず、
新宿着いたら12時半、そんな感じだったんです。

で、ま、お風呂にゆっくりはいって、サウナもはいって、はーお茶でも飲むかと
レストランに向かったわけ。
新聞と最新版のアンアンをもって席についたら
隣に結構きれーな感じの20代女子が座ったのね。
今風だけど、決してごてごてな感じじゃなくて、上流なたま。
で、別にしゃべることなく、私は新聞、彼女は携帯をいじってたんだけれど
彼女がおもむろに頼んだのが

「豚バラ鍋セット」

えええええー?!って思わずガン見しちゃいましたよ。
彼女みたいな正統派美女が豚バラ鍋?朝の2時半に?!

これ、惚れるなー。いかにもっていうモリモリ食べそうにない女性が深夜に豚バラ鍋。

で、彼女完食。あっぱれ。パチパチ。
で、すごいなと思ったけど夜3時に声かけて怪しい人と思われてもいやなので
私はお休み処へ移動。
ちゃんと、敷居もあって
毛布も枕もシーツも貸してくれるのですごく快適。

で、7時半まで熟睡。

朝、朝ごはんを食べにレストランへ。
私の前のテーブルに60代半ばくらいの品のよい女性と20代後半の女性が座る。
(たぶん、親戚か親子っぽい)
で、ド肝を抜かれたのがこの60代半ばの品のよい女性が

生ビール

を頼んだこと。朝から。7時半ですよ、しかも金曜日。
で、20代の女の子に「あなたは頼まなくていいの?」とか聞いている。笑。

すごーい。日本女性魅力的!!!

生ビールのおばさまという夜2時の豚バラ鍋といい、
日本女性のすごさを垣間見た思いでした。
日本、やっぱ好きだなー☆☆

ということで、日本滞在始まりました~
[PR]
by miomiomiomion | 2012-04-19 23:05 | 旅の記録

年相応の美学

ご無沙汰しております。ブログのアップデートが全然できてませんで
もっぱらFacebookで実況中継でごまかしてしまっていますが、
実は話したいことがいっぱいあるんだよねー。
考えることも、話たいこともたくさんあるんですがそれ以上にやらないといけないことが
いっぱいあって、自宅に帰って二階の自分のベッドにいきつかないで、
朝ソファーで発見されることが3回ほど。特に暴飲しているってわけじゃないんだけれど、
電池が切れるの。一日終了みお終了。ぱたん。
で、朝6時半にはまたフル充電して起きるんですが。
疲れがたまっているわけではないのだけれど、
バッテリーのもちってのが悪くなってきたのか夜10時くらいになると急激にバッテリLow. 
で思考力とか行動力とか調整能力とか一気に下がる。にんにくまるごと揚げて食べてるし、
腹筋・背筋はちゃんとやってますが、寄る年波には勝てずってこういうことー?!いやん。

先々週はバンコクでトレーニングで、先週はラオ正月で(ビエンチャンで膨大な量の水を浴び、
ビールを飲み、4日間ノンストップで踊りました。もう私の青春時代は終わっていいやと思うくらい)で、
今週から2週間は日本で休暇です。なんかダイジェストだけ聞くと遊んでばかりだけれど、
その“合間”でいつもどおりの仕事量をこなさなければいけないので、
睡眠時間が毎日3時間くらいでしたからね、一時期。

で、まぁそんな「がんばってるんだよ」な青年の主張はこれくらいにして、ラオ正月で思ったこと。

いつまでも若けりゃいいってことじゃないな

なんていうか「年相応の美学」っていうんですか。
いつまでも大人になりたくないピーターパンな人の気持ちも
よくわかってるつもりでいたのだけれど、それって大人になりたくないんじゃなくて
大人のフィールドで戦うのが辛いから逃げてるんじゃないか、みたいな辛口な感覚。
今回一日目は12年目の船の仲間(当然ほとんど結婚してて、子どもがいる人多数)で
楽しくごはんをして(それでも夜中まで)、2日目は仕事のラオ同僚の家で
ラオ人に囲まれて正統派な大騒ぎをして、3日目は仲のいいフィンランド人の子(26歳)と
彼女と友達とその友達(全員外国人20代)と“Crazy day”を過ごし、
4日目は別の船仲間の同年代の男の子とごはんを食べ、5日目は家でリカバリー&仕事。
10年たったら人間それ相当の成長をしているもんなのだ。
自分のことは毎日見ているからね、逆に近すぎて
成長の度合いがわからなかったりもするけれど、友達の目を濾過して、
あー自分も12年こういうことをやってきて、今ここにいるんだな、
という嬉しい気づきがあるのが昔の友達と一緒にいる効能の一つ。
昔と変わらないキラキラした時間の中で、小さい元気なジュニアたちがたくさん出現して、
きれいな奥さんとか博識なだんなさんとか昔の輪が2重にも3重にも豊かになってる。
あーこういうつながりが保てて、私は幸せだなーと思った一日。
2日目はがんがん文化体験だからありとして(次の日すごい二日酔い~
相当飲みましたししゃべりましたし、騒ぎました)、
3日目は途中、あー相当無理している自分がいたんだよね。
ほんっと20代の若者の「何を見てもやっても楽しい」の真っ只中にいて、
別に年上ぶるつもりはないけれど、あー同じ視点で物事がみてないなと
自分を隔離させちゃったりして。これ、年齢そのものが問題なんじゃなくて、
その人たちの生き方とか考え方によるものなのはわかる。
だって私のそのラオスでの親友も10下だし、
私の普段の行動範囲の中に私が居心地の悪さを感じない年下ってのもいっぱいいるわけだから。
Being crazyであることが、“Cool”で”Special”だった時期を否定はしないけれど、
いつまでもそこから出てない大人ってのは痛い。彼らがじゃなくて、私の立ち居地としてね。
だから、真性若者の中で、あ、私はここにはもう属するべきじゃない、
みたいな悟りというか気づきがあって。で、
3日目のディナーは仕事で相当のプレッシャーのある中堅の友人(同世代)から
「どうやったらラオスの改革ができるかなー」という話を焼肉とビールでするわけだけれど、
昨日の「若い」私より、今日の「年を重ねた」私のほうが断然しっくりくるのだ。
年相当ってのはあきらめるとか投げやりになるとかそういうことじゃなくて、
年相当にグレイドアップするってことだ。
まだスマホも財布もピンクだけれどまぁそういうのはいいじゃなか。

年をとるって悪いことではないのだね。しわも白髪もいらないけれど、
スタイルとか人生のうけとりかたとかアウトプットのやり方として、
若くて無邪気でいい時代とは違うプレゼンテーションがあるってこと。楽しみつつ、
昔とは違う場所にいる自分を恐れないこと。

かっこいい、楽しい大人になりたい。
[PR]
by miomiomiomion | 2012-04-17 17:08 | ワタクシゴト

昨日より今日

もう4月に入っちゃったんですね。
はーやーいー本当にはやーいー。
いろいろちゃんとやっているようには思うのだけれど
とにかく時間のたち方が半端なく速い。

4月のスタートは、タイのバンコクにて。
Middle class manager トレーニング。
時間管理とか、優先順位のつけ方とか
説得の仕方、
Thing-to-doリストではなくて
何をAchieveするかのリストを作りなさいなどなど
実践的、実用的なトレーニングを受ける。

仕事始めちゃうと、On the jobで仕事しながら
勉強していくしかないのだけれど
こうやって折に触れて違った仲間たちと
自分が普段からやっていることを
系統立ててシュミレーションしたり、
百戦錬磨のプロに理論を教えてもらったりするのは
脳の整頓に役に立つ。

なんとなくわかっているような気がするから
ああ!なるほど!の転換を促進させてもらえること。
ただの忙しい人、っていうんじゃなくて
一歩上のプロを目指すべく、
日々日々勉強しないといけないなぁと思う。

今回は日本の震災で一緒に仕事した人が三人もいたし
スーダン時代の友人がいたり、ラオスから私以外に3人いたりで
新しい人もいたけれど、懐かしい面々にも会えて
ちょっとした同窓会な空気もあり。

仕事の効率をちゃんと上げて
効率だけじゃなくて質も上げて
昨年より今年
昨日より今日
先週より今週
毎日仕事に追われるだけじゃなくて
ちゃんと確実に成長していたいなぁと思うんだ。

週末は海でも行こうと思ったけれど
来週正月休みで
再来週日本だから
仕事をしないとなぁ。
しかし、密度の濃いトレーニングをうけると
仕事のがんばる気もまた刷新されてよい。

4月もがんばろう♪
[PR]
by miomiomiomion | 2012-04-05 15:20 | お仕事