世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あーあ、やっちまったよ、というのが私へのつぶやき。
今まで何回か胸が痛くなるような別れを体験して
やるまいやるまい、と思っていたのだけれど・・・

一ヶ月前、友達を送りに空港に行ったときに
私が止めた車のすぐ近くに今にも死にそうになっている黒猫発見。
がりがりでしょぼしょぼで、くてんとなってる。
恐る恐る触ってみたけど、嫌がりもせず、喜びもせず
とにかく気力がない感じ。
首根っこもってもちあげてみたら、軽いこと軽いこと。
で、元に戻したら、ぐねっとなったままカタチが変わらない。
いやだ、この子なんか死んでしまいそう・・・

み、見なかったことにしよう・・・・

と思って、一旦は友達に会いにいって、しゃべって、戻ってきたら
さっきのぐねっとなったままの子猫がいる。

だだだだめだだめだ、ここで哀れみを感じて私が連れて帰っても
私の出張のときとか、休暇のときとか
ほかの国に移るときとか、

困る困る困る困る。

と思って、車発進して、町まで戻ってきたんだけれどさー
もう気になって気になって仕方がないわけですよ。
あのままぐねっとなってたら、車轢かれてしまわないかな・・・とか
なんか次の日そのまま餓死してそうだな・・・とか
実際、気がついたのに、気がつかなかったふりって駄目だよね、とか

あーもーと思いながら車を回転させて戻りましたよ、空港に。
で、くてんとなったままの猫を持ち上げて、とりあえず座席へ。

猫のほうもとにかくエネルギーがないので
くてんとなってるだけ。みーとかにゃーとかも言わないし、とにかく動かない。
お願いだから途中で死なないでね、と思いながら
途中、Mpoint(コンビニ)によって、とりあえず牛乳と哺乳瓶を購入。
キャットフードはうちに買い置きがあるので(なぜかというとうちに所属している猫にえさを
やるからです。)それでよいとして。
で、車戻ったら、猫消えてるし!

座席の下からかぼそいじーじーという鳴き声が聞こえてくるから
もうそのまま帰っちゃう。

・・・・そんなわけで一ヶ月、あの時80年代のエチオピアの旱魃を彷彿とさせるような
あばらが出て、がりがりでしょぼしょぼで、にゃーと鳴く力がなくて、
じーじー鳴いていた子猫ちゃんは、すんごい元気で膨大な量の糞をして
走り回ってます。私が二階から降りてくると、
「悪者がやってきたぞ」ごっこをするのが好きです。←私の顔を上目づかいに見上げて
おもむろに猛ダッシュ。
で、私がそれを無視して椅子に座るとおずおずとやってきて膝に乗っかります。
で、私がなでなでしてあげると、ゴロゴロゴロゴロ言うかわいいお子です。

ちゃんと病院にも連れてって、回虫下しももらってきたし、
注射も受けて、すごい勢いで大きくなってます。
回虫下しもらってから3日で、朝仕事行って、夜帰ってきたら
目にわかるくらい大きくなってて、びっくり。
人間の比じゃなくて成長するのが早い。

・・・で面白いなーと思うのは
この子が来るまで、毎晩のように遊びに来ていたうちの家所属のニケさんですが(勝手に命名)
この子が来てからぴったりこなくなりました。
最初、ニケもお母さんだし、なんかめんどうみてくれるかも、と思って引き合わせたんですが
私がいるからかろうじてフーと威嚇しないだけで、
明らかにニケが「なんだよ、お前」的な顔をして
あげた餌に全く手をつけないでいなくなってしまったので
あらー猫にも人間以上に細やかな感情があるんだなーと思ったのでした。
でも、ニケって、基本ノラなのに、毛並みもよくてとっても健康そう。
(そして私が来てからもう3回目の妊娠中)

この子は、空港で拾った黒猫なので、くーちゃんです。
うんちをあらゆるところに垂れ流すくさい子のくーちゃんでもあります。(涙)

あーでも私の車の音を聞きつけて、ちゃんとドアのところで待ってる感心な子でもあります。
そんなこんなで全然予定外で家族が増えましたが
「これもご縁」ってことなんでしょうね。
これから私と一緒に、世界を回りましょう。

d0153664_0215499.jpg

[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-31 00:24 | ワタクシゴト

イマヲイキル

d0153664_10595474.jpg


古いもののよさっていうのとはちょっと違う(たぶんそんなに古くない)
そのもの自体にものすごい意味なんてないのだけれど
なんていうか「その他」のカテゴリというか、分類不能なよさが
世の中にはいっぱいある。

炊飯器開けた途端に、ふわっと出てくるごはんのにおいとか
お寺とか聖堂とか入って、別に信者ってわけじゃないけれど
静謐な気持ちになったりとか
お昼寝してたら、気がついたら私の上で猫がまるまってたとか
夕陽が雲に広がってすごく壮大なことになってたとか
運転中、対向車線からくるドライバーの人と目があってにこっと微笑まれるとか

がんばるってことじゃない、
努力、がんばる、気合、忍耐、そういうのはちょっとおいておいて
自分が今いるところ、会った人、感じたことをEmbraceする、抱きしめる、味わう
ってこと、おろそかにしちゃいけないなーと思う。

自分の周りに今いっぱいいいものがあるのに、
明日のことだけかんがえてがむしゃらに生きていたら
過去のことを考えて懐かしんでいたら
もったいない、ということです。
[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-29 10:51 | ナショナルミオグラフック

キャリア、出産、美貌

時間の加速度がはんぱない。
何が?と言われると、ちょっと困るような
ただひたすら日々の生活で毎日があっという間に過ぎていく。
ブログの更新度がいまいちなのも、
仕事終わって、お酒飲んで、友達に語っちゃって(もしくはFBで
短いStatusアップデートで)なんか消化された気になってしまっているから。
それなりに充実しているし、やりたいことも結構できてる、
でもそれだけじゃダメな感じ。

焦燥感みたいなのに駆られるかっていったらそういうわけでもなくて
朝は早く起きるし、結構まめに走っているし、仕事も順調だし
仕事終わってからサルサ踊りに行ったり、
いい感じのフレンチに行ったあとにワインバーでジャズ聞いたり
市場によって新鮮な野菜やにわとり丸ごと買って料理したり
休暇の計画を立てたりして
まぁ順調といえば順調。
でも、初期のワクワクが落ち着いて
今はちょっとこれから戦略をたてていかなければいけない時期にいる。
誰から言われるものじゃなくて
自分で決める「自分頑張れキャンペーン」期間。
とにかくもう来年でラオス一年というこの驚愕の事実。
落ち着いちゃだめだ、自分。

ここ数日でいろいろ気になったニュースはあるんだけれど
トップはオリンピックでも大津いじめでも大阪市長の不倫でもなくて

Yahooの新CEO、37歳の女性

大抜擢。5年のお給料が55億円以上。で今年10月に出産予定。

・・・・すーごーいー、このスーパーウーマンぶり。
というか、彼女だけじゃなくて、
アメリカって国の底力というか桁違いのスーパーパワー。
1年で10億以上!
しかも、若い(日本市場じゃなくてグローバルマーケットで)女性で
しかも、今妊娠中って!!

なんだかこう勢いよく文章に「!」を乱射したくなるようなスケールの大きさ。
単なるアメリカ礼賛じゃなくて、
あの国は(ほかの国と同じかそれ以上に)病んだ部分もあるわけだけれど
それでも、なんていうか、「能力の高い人を正当に評価する」っていうところに、
なんかもうクラクラしちゃうわけですよ。
”正当”ってのが55億なんかってそんなんはわかりませんけれどね、
それにしても、女性が昇進するのも、子供産むのも、仕事するのも大変だといわれる
日本に比べてみたら、なんともど肝をぬかれるレベルの話ではありませんか。

ま、私は日本社会に根を張って生きているわけではないけれど
卒業してから齢10年、ガンガン仕事をしてきた身として
「キャリアと私生活」の両立をするのは大変・・・というのは
なんていうかほんと身をもって体験している、というか
今も現在進行形なのだけれど。

キャリアもそうだけど出産も結婚も(順番逆だ)
自分だけでどうにかなるものでないけれど、
自分でどうにかしようと思わないで
なんかただひたすら
今の忙しさに埋没していったら
そりゃまぁどうにかならないはずだ!

そんな中で、メイヤーさん(新CEO)がどんな人生を送ってきたのか
全然知りませんが、同世代の女性で
バリバリ仕事をしていて、大きな責任があって、
これから子供を産んで、
しかも、結構美しい、というのは

自分も頑張んなきゃ!

という渇以上のものをいれてくれるのでした。
・・・それにしてもよ、1年で10億円もらえたら
お金って何に使うのかしら?

ヤフーの新CEOのマリッサ・メイヤーの秘密兵器
決してBossyではなくて、メンターであり、クリエーターであり、相談役である、そんなリーダー像。
いいねー!
[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-28 13:02 | お仕事

朝からカレー

日曜日、天気がとてもよい。
6時半起き。
週末も基本、早起き。

というかまるまる一日使える週末だからこそ
早起きしなくては!朝型かというとそうでもなくて、
夜型朝型、起きてる間全自動型です(なんですかそれは)
ただたまに、え、こんな時間に?という(夜8時とか)時に
電池が切れます。寝つきが極端によいので
ベッドに入ると30秒以内に記憶がありません。

というわけで、気持ちのよい日曜日。
3つのトイレ掃除をして、ダイニングテーブルを片付けて
家計簿つけて、Wiiで体測定して朝ごはん。
昨日、コトコト煮といた夏野菜カレー(ブロッコリ、かぼちゃ、なす、
じゃがいも、にんじん、ミニコーン)を炊きたてご飯とともにいただく。
んまー。朝からがっつり食べる派。で、今まだ8時半。

実家にいたときから朝から餃子とか朝からハンバーグとか食べてました。
バイトやら部活動やら、ミュージカルの練習やらで
帰りがいつも遅かったので、前日の夕食をそのまま朝食べるという寸法。
うちの家族は朝はパン、なのだけれど私はできれば

白米、納豆、卵、のり、焼き魚

みたいな純和食がいいんですわ。
(餃子とハンバーグは和食じゃないけど)
たまごも、スクランブルエッグとか目玉焼きとかじゃなくて
理想はつやつやで新鮮な卵ごはんに、しょうゆをちょろっと落として
よそいだごはんに穴をあけて卵をいれて、かきまぜる、
卵ご飯が、ベスト。

最近は、ヨーグルト&桑(マルベリー)、あとその時々の果物
(ライチとかドラゴンフルーツとか)とはちみつを適当にいれて、
スムージーをミキサーでがーっと作るのがお気に入りに。

というわけで、夏野菜カレー、桑とドラゴンフルーツのスムージー
が本日の朝食。

今日やりたいことは

①Ituneに走る用の音楽を揃える
②Home grown gardenのレポートを読む
③ジンジャエールを作る(新鮮なしょうがが手にはいったので)
④マニキュア・ペディキュアをやりにいく
⑤髪の毛のトリートメントをする(自宅)
⑥1時間走る
⑦ラオス語
⑧博物館か寺に行く

そんな感じの楽しい普通の一日です。
休日って「休む」ものだけれど
「怠ける」ものじゃないと思うのよね。
一日終わって
「あーなんも今日はやらなかったなぁ」と感じる一日ほど気分の悪いものはない。
仕事をする必要はないし、”ノルマ”を課すようなことはなくていいけれど
一日の始まりに「よし!」と思う気持ちを持って
一日の終わりに寝る前に「今日はこんなことをやった!」と
小さな達成感を積み重ねていくといいと思う。

夏休みの絵日記のように
毎日の小さいことに感動できる心をもっていよう。
[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-15 09:00 | 衣食住

女はかわいくなくちゃね

自分のことは江戸時代の鹿児島県の山奥にある
寂れた山小屋の屋根裏の棚にあげといて
言うんだけどさ

女はかわいくなくちゃ、だめだよね

なんていうかなー作りこまれた、見せる用のかわいさじゃなくて
なんかこうちらっと振り返ったときに
目が釘付けになっちゃうような、
でも目があったら
慌ててそらしちゃうような
凝視しちゃいけない気になる可憐な聖域をもつ女の子。

小悪魔とかガーリーとかナントカ女子とか
そういう資本主義的カテゴリーからはずれたところに
ぽつんとたたずむで物語になる人。

存在感、透明感、世界観。

化粧とか持ってるバックとかおしゃれなファッションとかそういう小道具関係なしに
その人となりが醸し出すトータルなこと。内面も外面も過去も未来もひっくるめて。
きれいな女の人は増えてきたけれど、
この存在感、透明感、世界観をちゃんともってる
かわいい大人の女の人ってそんなにたくさんいない気がする。

先週、久しぶりにアメリをみた。
この映画、私の中で文句なしに

「素敵なラブ・ストーリーNo.1」

アメリのシャイで、行動派で、心優しくて、キラキラしたいたずら心。
出会い方もいいし、条件じゃなくて、ハートで出会う、二人の心がくねくね必要な
紆余曲折を経ながら、言葉を直接交わさないままどんどん近づいていく。
駆け引きじゃないけれど、相手の気持ちにどきどきしながら
自分の行動の手綱をゆるめたり、ぶんぶん振るったりしながら
ちょっとずつ進んでいく関係ってとってもとっても素敵だなーと思うの。
これ見ると、恋がしたくなるねー。
で、条件じゃなくてギラギラの本能でもなくて
いろんな心のひだを丁寧になぞりながら
人との関係を積み重ねていくこと。
自分の気持ちに素直になること。
大事だよね。

自己実現だとか自己研鑽とかキャリアアップだとか
そういう計算とか努力とか「あるべき姿」にがんがんに邁進しない
自分が、ただのかわいい女の子に戻る時間が女には必要。
これって、
年齢とか今いる場所とかステイタスとか関係なくてね。
なんていうかな、
なまなましくて、肉肉しいのじゃない
狙ってないのに、そこにはからずもいきついてしまった的な女のかわいらしさ
(あーわかんないなーこの書き方じゃ!)←自分で書いててわかんないもん
30代を女子というな、とか言う人がいるけれど
周りに宣言するんじゃなくて
自分の中で、「女の子」の部分をもっとくのって大切と思うよ。
今流行りの女子「力」じゃなくて、なんていうかもっと「魂」に近いかな。

あきらめるのでもなく
がんばりすぎるのでもなく
自分の中でぴんとくるイメージを大切にして
ドキドキする。
そんなところで私の中で、最近琴線に触れた「おんなのかわいさ」をシェアします。

読売小町 「地味な私が声を掛けられました」

水原希子 理想のキス

水原希子ってノルウェイの森のちょっとやせすぎのユニクロCMに出てる女の子、くらいの
知識しかなかったんだけれど、ちょっと前に彼女のブログを読んで、
そんなに口数が多いわけじゃないんだけれど、ほかのタレントにありがちな
かわいいブリブリで、中身のなんもないブログじゃなくて、
「自分」がある文章に好感をもちました。なかなかいいよ。
ま、まだ彼女若いけどね、将来が楽しみ。

というわけで、最近自分の目指すべき方向が
わかってきたような、いや全然変わってないような
変わってないような、わかってないような
アンニュイな感じは否めませんが、
ま、肩に力をいれすぎず、さりげなくがんばろうかな、と。
宣言じゃなくて、つぶやきね。
[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-10 23:25 | 社会を斬る

日常を積み重ねる

6時半にオフィス出て、ガソリンスタンドでガソリン入れて、
帰宅して、米研いで、スマホのアプリをセットして45分Run.
帰り際にちょっとしなびかけてる野菜を買って、帰宅。
炊飯器のスイッチいれてから、風呂。
髪を乾かしながら猫と遊び、
夜ご飯。昨日の夜につけておいた牛肉をオーブンで焼いて
ほうれんそう、レタス、キャベツを乗せて焼肉丼。
3ヶ月前にしょうゆ漬けにしておいたにんにくがそろそろ食べられるようになってきた
(でもにおいがまだ強いから人と出かけるときには食べられない)
それと隣のおばちゃんが作った20円の野沢菜(のような)お漬物
ライムをしぼってソーダ水。
終わってから、DDRで30分くらい踊って(汗かくよーさっき風呂はいったばかりなのに!)
海の向こうの友達とチャット。

なんだかすっかりこういう「普通」の生活が板についた感じ。
友達と一緒にサルサ行ったり、プール行ったりもするし
ラオス語やったり、スパ行ったり、買い物行ったり、
ソマリアから出るときは「退屈になるかも」とちょっと心配だった生活が
こんなに豊かなものとはね・・・

エキサイティングな人生と日常生活というのはおおいに並列できるものなのだ。
日常生活の積み重ねの向こうに、これからの人生の展開が待っている。

買い物にいってちょっとかわいいものをみつけたり
自宅療養している友達のお見舞いに行くために手作りのプレゼント作ったり
りんごケーキ焼いたり、
市場で丸ごと鶏買って(あ、でもすでに絞めてあるものではある)
チキンストックつくったり。
生活するってすごく幅も奥もあって
適当にやろうと思えばやれるし、
とことんこだわろうとすればそれもできる。
もともと完ぺき主義者ではないので(←どころか根はかなりいいかげん)
がっつり予定はたてつつ、
予定の執行はまぁ60%くらいの割合で
ゆるやかに、質の高い生活が送れているのが今の現状。

がんばるところはどんとがんばるけど
ずーっとじゃなくていい
自炊もするし
走るし
仕事量も結構あるけど
自分の限界を少しずつ広げていきながら
やれることを増やして生きたいな、と思う。

ひとつ思うのは
「Discpline」というか「課題」って人生の質を上げるために必要だなー、ということ。
誰にも言われないから仕事以外では、楽しいこととか楽なことができる。
ちゃんと仕事しているからお金も問題ないし、
ともすると楽しいほうに流れてしまうのだけれど
楽しいことをずーっとやってても、
退屈する。もしくは腐る。

楽しいことをより楽しむために、
ちょっと背伸びしてきちんと頑張ることが
必要だなーと思うのだ。
[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-03 19:58 | 衣食住

でもデモ

首相官邸前に13万集まって、原発反対のデモですって?
うーん、やるなぁ、日本にもまだこういう「意見を言う」エネルギーがあったってことだね。
いや、場外にいて、斜め45度で物事言うのは本当は反則だけれど
今の日本に10万を動員して、立ち上がって意見を言おうという気概があった、
ってことに希望を感じる。

それもFBみるかぎり、いわゆる「学生運動世代の生き残り」の方々とか
運動家とか市民運動系の人じゃない、フツーの人、お母さんだったり、
学生だったり先生だったり、そういうちゃんと地に足がついた人が

ここで言わなくては!

という危機感をもって活動している、いいことだなーと思う。

消費税にしても年金にしても法律にしても
国会で、多くの政治化が居眠りしている間に
日本のこれからを左右するようなことが強引に決められたり
放置されたりしているけれど、
「まぁここで私一人が気炎あげても意味ないよね」的な無力感が
社会を霧のように包んでいる。もうここ何年も。
若者は投票に行かないし、
選挙で話題になるのは
美人過ぎるナントカだったり、
スポーツ選手とかタレント崩れだったり、
そんなことばかり。

そういう中でこういうポジティブでダイナミックな動きが
社会を覚醒していくというか攪拌するというか、
ぼんやり思っていたことをはっきり言葉にして
行動にしていく人をみると、こういう行動が
社会の流れを変えていくことってある・できると思う。

ただね、デモはあくまでデモなんだよね、
それが自己表現や自己満足で終わっちゃうんでなくて
単なる不満の発散場所になるんでなくて
みんなの意識を凝縮して、動きにしたあとに
ちゃんと自分の持ち場に帰って
自分のやり方で社会に関わっていくがとても大切。

運動そのものが目的になったらだめなのだ。
こういうのって文化祭とかクラブ活動のノリの究極の形で
「正しいこと」に「みんなが集まって」「何かしている」楽しみにゾクゾクしちゃって
日常生活を忘れちゃうってことが残念ながらある。
運動家になってしまうと社会の接点がちょっとずれる。
日常生活をちゃんと展開しながら
意見をいう機会を確実に生かすこと
やる気のないもしくは悪意をもった政治家に任せておけないよ
ということを伝えること。
で、伝えたあとに、日常に戻って自分の領域でできることをすること。

目指すべき方向は原発をなくすこと
でも

じゃ、私たちの生活を維持するだけの電力はどうやって確保するのか?

という部分がちゃんと計画されないで
ただただ、危ないからNo 原発って叫ぶだけだったら限界がある。
大きなうねりを作って政治にプレッシャーをかけたあとが
本当は一番重要なのだ。

自然の代替エネルギーの研究ってどれくらい進んでいるんだろう。
太陽エネルギーとか風エネルギーとか水力って
今の日本で必要なだけの電力をまかなえるのかな。
まかなえないのなら、何が必要なのかな。

他所の国の成功例とか
企業の協力とか
可能性のある方法論議とか

そういうことに税金が使われるのであれば
国民は文句を言わないはず。

経済的な観点から、ってのが結構ネックなんだろうけれど、
特定個人とか会社じゃなくて、社会全体で「利益」を目指せるようにならないと
もともとリソースのない日本の将来は暗い。
個人で自給自足して、電力を削減してできるレベルの話じゃなくて
政策として、これから10年くらいのビジョンを
出している政党・政治家いないのかな?

原発はなくす、ということを意思表示して
じゃ、具体的になくすために何をしていくべきなのか
ということを私たちはちゃんと勉強しないといけないのです。

大声で叫ぶだけだと
「大きな音ですね」で終わってしまうわけだから。

選挙に行くこと、
いろんな勉強をすること、
そしてそれを回りの人とシェアすること

今の日本は本当に大変な時期にあるんだと思う。

あきらめずに
立ち止まらずに
くさらずに

私ももっと勉強しなくては!
[PR]
by miomiomiomion | 2012-07-01 23:09 | 社会を斬る