世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0153664_619990.jpg


フランスの週刊誌「シャルリ・エブド」のテロリズムの件に関する
言論の流れを見ていてぬぐえない違和感というか、居心地の悪さを感じている。
イスラム過激派対表現の自由、というわかりやすすぎる
(そして本質を必ずしも貫通していない)対立の図にして世の中を語るのは
「かたはらいたし」である。
テロリズムを正当化するつもりなんてこれっぱかしもないけれど、
イスラム過激派とかテロリズムにカテゴライズしてしまえば、
その対極に陣をとり、正義を掲げられるその「欺瞞」というか
先進国の「横柄さ」にうんざりするのは
私が気のよいイスラム教の人々の中で暮らしているからなんだろうか。

風刺画を楽しむ人たちもいるけれど、それにものすごい違和感を感じる人たちがいる
(それは過激派だけじゃないのだ)、ということを理解しようとしないのは、
「外国人だからという理由で日本の家で靴を脱がない外国人」にちょっと似ていなくもない。
表現の自由、ってのは問答無用の正義なんかじゃない。
(だからってテロはいけませんけど)

そんなとき、この京都のお坊さんのTED TALKに救われたというか、なんというか。

TEDxKyoto, Quest of religion(題名英語だけど、内容は日本語)

日本の宗教を料理のメインコースやカレーにたとえて軽妙に語られるトークは面白くて深い。
教義に忠実であるのは大切なことだけれど、もっと大切なのは宗教を違った人を尊重し、
仲良くやっていくこと。ひとつの宗教を妄信的に信じるあまり、
ほかの宗教と対立してしまうのは本末転倒で、宗教というのはそもそも人が感謝をし、
安心感を感じ、天命を全うするお手伝いをすることで、そして
安心感を感じる方法はひとつではない、
とかそういうやわらかい言葉の一つ一つがふわーとしみこんでくるわけです。
日本の字幕がひどいけど、これ英語の翻訳ないものかしら。
日本の寛容度の高い宗教観というのは
本当にこれからの世界の対立を緩和するツールになりえないか、
と私もまじめに考えたりするわけです。日本語なんで、ぜひ。
(字幕、校正して欲しい・・・でこういう内容こそ英訳すべき!)
[PR]
by miomiomiomion | 2015-01-14 02:00 | 社会を斬る

一日一東野圭吾

d0153664_23452310.jpg


日本人同僚が3冊東野圭吾を貸してくれたので
この3日は

一日一東野

な今日この頃である。
何が贅沢って仕事終わっておうちに帰ってきて、
特に大きな予定がなくて(今は毎日同居人みんなで”T25”やってますけど)
大きなマグカップにチャイとかほうじ茶入れて
ソファーに沈んでこころゆくまで本を読む時間。

日本語の文庫本だと2~3時間で読めちゃうので、
(英語だとこうはいかないんだな)
「その後どうなった?!」と日を跨いでやきもきすることなく
数時間本の世界に閉じこもる。
こういうときにご飯作ってくれる人がいるってのがありがたい。

「今日、本読むからごはん作ってね」

という環境。ありがとう。

というわけで、
「マスカレード・ホテル」
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
「パラドックス13」

と続けて3作。東野圭吾のプロットの組み方って緻密であれよあれよとつながって
最後ちゃんとくるってまとまるのがすごい。
そして伏線がすっごいさりげなく出てくる。
犯人は誰だ!?みたいな気合の入った読み方をしないので、
流れるままに読むんだけど
人間描写も深みがあるし、登場人物キャラがたってて魅力的だし
人が殺されてもおどろおどろしすぎないで
読後感もよい。

この3冊で一番好きなのは、「ナミヤ雑貨店」だな。
時空を超えて、人がつながって、
私の起こした行動がいろんな形で世界に広がっていく。
人は一人で生きてないんだなぁと嬉しくなる。
ファンタジーだけど、現実離れしすぎてなくて、
人情厚くて、一つ一つのドラマに重力と味がある。お勧め。

最近のクローズアップ現代で「広がる”読書ゼロ”」ってやってたみたいだけど
3年に一冊も読まない現代人って本当にもったいないよね。
読書ってただの「時間つぶし」なんかじゃなくて
ほかの世界のこととか、自分が今まで興味なかったこととか、
ちゃんと体系立てて
自分の見識やその後の体験につなげてくれる大きなきっかけになることだから。

ま、東野圭吾いっぱい読んでも別にすぐ見識広がらないけど、
でも自分の今所属していない社会のドラマを体感したり、
涙したり、ドキドキしたり、考えさせられたりって
ネットのまとめサイトで断片的に得る情報だけではなかなかできないこと。
ごはんだけじゃなくて、情報とか世界感も
”Whole food"でとりいれたほうが脳にも栄養になると思うのです。

さて、3冊終わっちゃったんで
次の読書はオランダ人の友達にもらった「Blackberry wine」を読む予定。
私の本のチョイスは、人からたまたま借りたもの、とかもらったもの、薦められたもの、
ネットや書評を読んで興味をひかれたもの、と極めてランダム。
でもランダムって馬鹿にできなくて、
結構ちゃんとその時必要なものがちゃんと手元にくる不思議。

今年はどんな本に出会えるのか、楽しみ。
ぜひ読んで面白かった本とか印象に残った本を教えてください。
読書っていいもんですね、それでは。さよなら、さよなら。
[PR]
by miomiomiomion | 2015-01-12 23:46 | みおの本棚

来客万来

d0153664_15394854.jpg

イエメンは基本的に大家族で、親戚も多いので

一人暮らし

の人があまりいません。
よって、外国人の私たちは

でかい家(もしくはアパートに)にあえて一人暮らしOR家シェア

ということになります。3階建てのうちとかごろごろあって、
部屋も8部屋とか12部屋とか私が見たなかで一番すごいのは23部屋という豪邸もあって、
トイレもいっぱいあるし、リビングルームと娯楽室
(カットという麻薬性のある葉っぱを噛むための部屋)と細かい部屋がいっぱいあって

一人で住んだら毎日違う部屋で寝られる!状態(←寝ないけど)

というわけで私は同僚3人と豪邸をシェアしています。
7部屋あって、それぞれにトイレとバスルームがあって、
台所も二つあって未使用の部屋もあります。
同居人はパキスタン、ケニア、南アフリカ人なんだけど
宗教も生活習慣も違って、毎日面白いです。
ちなみに二人はソマリア、スーダン時代からの同僚。
こうやってまたおんなじ赴任地で会う腐れ縁の友人です。

で、パキスタン人が
「今週の金曜日にお客さん呼んだから予定あけといてねー」というんで
「いいよいいよ」と安請け合いしたら

パキスタン大使来るから」


え。

ってか、そんな大物がなぜうちに・・・・

「パスポートの更新について大使館に問い合わせしたら大使から返事が来たんだよ」
っていうんだけど・・・・

ってか、パスポートの更新の問い合わせに大使が返事してくるってのもビックリだし、
それで、「うわ!大使から返事きちゃった。すげーうちに呼んじゃえ」
といううちの人の思考回路も、ビックリ。

ということで大使くるんだけど、

ミオ「で、SPとか来たりしてね(笑)何人来るの?」
パキ「10人

ってか、そんな大人数うちに呼ぶんだ・・・・

5ヶ月経ちますが、文化の違いってそんなにすぐに埋まったりはしません。
というわけで10人分(プラスうちらで14人分)の料理な今週末です。
あー楽しみ(汗)
[PR]
by miomiomiomion | 2015-01-08 21:53

発酵のススメ

d0153664_3441798.jpg


2015年の初の読書は「発酵道」(寺田啓佐)

この本は、ラオスにいたときに知り合いの知り合いつながりで紹介してもらった
フリーライターの珠希さんにいただいたもの。
「何か日本から欲しいものはないですか」と聞かれたときに
ずうずうしく「最近読んで心に残った本を一冊」というリクエストをしていただいたもの。
(彼女には納豆メーカーやすごいおいしいお味噌もいただいたのだった)

一度読んでいたんだけれど、再読。
本って自分の成長にしたがって読み方も受け取り方も変わってくるから
ぴんと来た本やぴんときそうな感覚がある本はちゃんと持って歩く。

日本酒の蔵元の当主である寺田さんが
自分の経験から得た学びと試行錯誤が書かれるんだけれど、
特に日本酒好きという私ではないのに(どちらかといえばビールかワイン派)
←どうでもいい情報
惹きこまれる。

それは日本酒作りという分野ではあるけれど
そこからつながる商売のあり方とか
人間としての生きかたの普遍性の肝の部分に触れるからだ。
彼が着目する「微生物」のありかた、その調和と包括的な働き、
自然界のエネルギーを巻き込んで造られていく日本酒のドラマ。
その前の「利益ありき」の時代と比較して
本物に気がついていくその過程と心意気が読ませるのだ。

「手放すところから、循環が始まる」
「自然界は、競争原理より強調原理のほうが強く働いている」
「殺菌消毒を丁寧にした蔵は、菌のバランスが崩れてしまっている」
「発酵のための環境を整えるのにもっとも大きな影響を及ぼすものは人間の
「言葉」や「意識」である。」

ともすると宗教的にも聞こえなくもないけれど、
まじめに生きるってことははからずも宗教的な領域に自然に
入りこむことだともいえるから
今の自分に「!」ときたところはハイライトしていく。

”発酵”と”腐敗”という2つのキーファクター、
さまざまな微生物が活躍し、作られる日本酒の話と
関係ないようだけど、昨年子宮頸がんの検査でひっかかったときに
お医者さんがくれたしちゃ駄目リストの中に

「殺菌作用の強いボディソープじゃせっけんは使ってはいけません」

というのがあったのを思い出した。
それも、その心は
「悪い菌だけじゃなくて、体内のいい菌も殺してしまうからよくない」
ということなんだろうと思う。


というわけで、子宮は元に戻ったけどあれから
「キレイキレイ」も「ハンドサニタイザー」も使ってない。
でも風邪引くけどね普通に(あれ)
ま、どこで何を食べてもおなかが丈夫なのは
たぶん腸内が適度に調整がとれてるってことなんだろうな。

悪いものを駆逐するのではなくて、よいものを育て(発酵させて)
健康な環境を作るのがいい、という気づき。
これってさ、日本酒作りだけじゃなくて、
人間関係とか社会全般のバランスについても言えることよね。

閑話休題、ということで。
イエメンにいてせっせとお味噌汁飲むし
お漬物作って体の腸内バランスの調整に勤しむ私なのでした。
今週末はぬか床作るよー。
[PR]
by miomiomiomion | 2015-01-06 20:40 | みおの本棚
d0153664_6491312.jpg


Lunch box 「めぐり逢わせのお弁当」

この80年代のアイドルの歌のタイトルみたいな邦題のセンスは
どうかと思うけれど映画はとてもいい。
え?ここで踊り入れるの?なドラマも歌も踊りもてんこ盛りの「インド映画」とは一線を画す
静かでゆるやかで暗いトーンで物語りは展開する。
胸をぐらぐらつかまれるようなことはないし、登場人物はみんな地味。
「平凡」な生活を粛々と生きている。
今もっていないものを手に入れるためにもがくことはなく
日常生活に不満はあるけれど、何かを変えようという方向に
エネルギーのベクトルは向いていない。
毎日、繰り返し生きていくだけで大変だからだ。
そんな中で、歯車がぽろっと狂い、会うことのない二人に接点が生まれる。
それから二人が関係を深めていく展開が味わい深い。
妻に先立たれ、生きることに大きな期待をしていない孤独な男と
家庭にいて、世間との接点のない孤独な女。

私が一番好きなのは「カフェ」の場面。
想い、期待、失望、恐れ、喜び、情熱、全方向の人間の感情がほとばしるのに
二人は出会わない。そして現実は私たちが期待しているようにはIt does not happen.
大人になると、現実なんて自分ひとりの気持ちで動かせない事情が出てくるのよね。
わかるようで、もどかしく、切なくて、ちくんとくる。

もしかしてな希望の光がちょっとだけ見えなくもない終わり方。
でも何にも起こんないかもしれないし、
二人が出会ったらどんな会話をするんだろうと
外野ながらやきもきする。

人の出会いが”手軽”で”お気楽”で脆い現代に生きていると
手作りのお弁当や手書きの手紙に象徴される「人とのつながり」が懐かしくなる。
すごい勢いで変わっていく現代インドの中で
取り残されていた二人がみていくこれからと、毎日届けられていくお弁当。

歌と踊りはありませんが、奥行きと広がりがある素敵な物語です。
ぜひ。
★★★★☆
[PR]
by miomiomiomion | 2015-01-05 07:24 | 映画評

2015年発動

あけましておめでとうございます。

えーブログに関しては全くダメダメな2014年でしたが、
それはFBが楽なのをいいことに自己消化活動をほぼFBベースでやってしまったからで
それはそれでありなのかもしれませんが
FBって過去記録プールのプラットフォームとしてはいまいち使いにくいのと
(現在進行形の”交流”の場としては有益ですが)
基本、「知り合い・お友達」中心になってしまい、
これからもっと積極的に世界に(←でかくでたな自分)発信していかねばならない私としては
ちょっとこの殻を破らねば!ということで
2015年は

ブログのエントリーを100以上

という目標をたてました。
毎日、ってしないのは最近現実派に転向したからです。
最初に頑張りすぎるとだめになり始めた時に

ええい、もうどうでもいいわ!

と自業自棄にまとめてなりやすいからな。
ということでリスク管理で、3日いっぺんだったら、体勢建て直しやすそうだし。

年末年始は島でキャンプして向かえるというクールでいけてる計画を立てていたのに
出発当日に「メンテナンスが間に合わない」という理由で
キャンセルになった飛行機。
ま、メンテナンスまずいままで飛ぶの困るから(ここだとニュースにもならなそう)
これは、年末年始は家に引き篭もれ、というメッセージだと受け取りました。

といってもほぼ空にした冷蔵庫だったので買い物に行った先で
友達にゾロゾロ会い、結局年明けは友達のうちでパーティーに参加させてもらい、
そのまま、一緒にキャンプ行くはずだった友達の家でお泊りして、
女子トークして、ボードゲームして、なんかほっこりした年明けだったことよ。

で、1月1日にさくさくと家に帰ってきて、
カラシニコフの銃声を聞きながら(たぶん銃撃戦とかじゃなくてお祝いの祝砲)

①人生100のリスト
②2015年、20のリスト

を更新しました。今年はすごいですよ。発表しないけど(え)
新しくエントリーしたワクワクするものとしては

37.マヌエル・ノイヤーと友達になる、とかあります。
ええ、別にすごい大層な目標ばかりじゃなくて、
買い物いけよ、みたいなのもありますけど(87.パスタマシーン欲しい、とか)
なんせ100リストですから。
そんな、85.判断力、行動力、愛のあるリーダーになる、みたいのばかりではありません。
(でもそういうのも結構ある)。
やり方がいまいちわかんないものはここ数年ずーっとエントリーしてるんだよね、
消せないから。29.おしゃれで華のある女性になる、とか。
よし!達成したといってクロスオーバーする日が来ないまま死期を迎えるんじゃないか。
ま、それはそのときで。あきらめちゃだめよね、
やり方わかんなくても方向性としては持っとく。

とりあえず、昨年の100リストから
④XX円貯める(←気がつかないうちに余裕で貯まってた)
⑭大恋愛する
27.飛騨高山の温泉に行く
79.築地で寿司の朝ごはんを食べる

が消えました。大恋愛したか?は怪しいところですが
それなりに豊かな一年間で、今年はちょっと風向きが変わりそうなので消去。
よし!やったぞなんは、貯金と飛騨高山と築地ですね。
どっかいって何かやる系は、要するにちゃんと時間作って計画すればいいわけで。
(43.宇宙に行く、とかはいってますけど)

2014年は14カ国行って、フェローシップも受かって、
昔の友達にも会えて(昨年は結構同じ人に何度もあった)
方向性がいろいろ見えてきた実りの多い一年でした。
今年はですね、それをより発展させる一年になると思います。

いろいろやるより、深さとすでにもっているものを発展させていく感じね。

みなさんの2015年が素敵なものになりますように。
今年もよろしくお願いします。

みお拝 2015年1月2日

d0153664_17421189.jpg

[PR]
by miomiomiomion | 2015-01-02 17:43 | ワタクシゴト