人気ブログランキング |

世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「今」の色

私が撮りたいのは笑顔の写真だけじゃない。
光に溢れた景色の横で
時に鋭い闇や温かい深さが
図らずも飛び出るところがある。

レンズを向けたときにぱーっと広がる笑顔も好きだけれど
逃げることも、おびえることもなく
射すくめられるようにカメラを貫く視線に
私はゾクゾクする。

d0153664_4211588.jpg


怒りでも、悲しみでもなく、あきらめでもなく
人間が人間たる、一言で表現のできない深い思いが
一瞬の瞳に刻まれているのをみて
心のドグマがフツフツと音を立てる。

d0153664_4241777.jpg


職業カメラマンではないけれどいい写真を撮る友人が
「毎日写真をとっているとそのうちにカメラがいらなくなるんだ。
ファインダーを通していろんな人間や自然の機微に触れていると
感覚が研ぎ澄まされる。一日一枚、写真をとるようにしていると
ある種の悟りに近づいていくんだよ」

そんなことを言っていた。
私は達観するのが悟りなんだとしたら
完全に反対の方向、天に行かずに
地球の中心部にぐぐぐと引き寄せられているというのに
彼の感覚はちょっとわかる

記録を残すというよりも
「今」をがしっと掴むことに
はまりかけている現場7年目。
今を生きることにがむしゃらだった時期をすーっと通過して
いろんなものが明後日の方向に広がってきた。
状況も、私の環境もあんまり変わってないのに
自分の視線の力みが落ちると
世界がぱーっと4Dに広がってくる。
by miomiomiomion | 2010-06-15 10:17 | ナショナルミオグラフック