人気ブログランキング |

世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

なんくるなくない

配給実績とかスタッフリストとか受益者一覧とか
いろいろエクセルで送ってもらうことが多いわけですが

フォントがばらばら
フォントの位置がばらばら
コラムの幅がばらばら
ただのナンバリングなのに、1.00、2.00になってたり
ラインが太かったり細かったりなかったり
情報が枠に収まってなかったり
印刷したときに一枚なれる文書が23枚分になってたり

致命的な間違いなわけじゃないんだけれど
なんていうか「完璧」じゃない。
画竜点睛ってだけじゃなくて
前歯がぬけてたり
まつげの長さが違ったり
鼻の穴の大きさがちがったり
右耳と左耳の形が違ってる感じ。
だめよね、ちゃんと右と左が対象じゃないと!

中身のインプットも途中の”-”をとれっていったのに
平気で3303-5506-7783になってる。(←IDの話)
同県内で、同じ町がまとまってなくて
さっきまとめたはずの町がまた最後のコラムで登場したりする。
なんせ受益者数が合計で25万いるわけだから
カットアンドペーストしても相当な仕事量になる。
だーかーらー間違えないように
ちゃんと最初に口がすっぱくなるほど説明したのに
2万個分のIDナンバーに”-”が3箇所も入っちゃってるから
これひたすら削除するのにまた丸一日かかっちゃうじゃない。

膨大な情報量で、
人口統計すらまともにないスーダンやソマリアに比べたら
国民を識別するIDカードを発行できてるパキスタンは
すごいんだけれどその分仕事が増えるのは自明の理。
技術があがれば、人間がやらなければならない仕事の質も上がって当然。
定規で線を引いて表を作るんだったら字の大きさに文句をつけたりしないけど
ワード・エクセル使えます!っていうのはただ使えるってことじゃなくて
美しく仕上げる最終調整までできるってことだから
そこは厳しく追及するよ。

で、修正箇所はここですというのを伝えるのに、電話で
ポイント1、ポイント2・・・でポイント5くらいしゃべったあとに
よく聞き取れなかったので、もう一回言ってください
って言われちゃったり、(しかもポイント5だけじゃなくて全部!orz)
修正してもってきてもらったUSBドライブが
ウイルス感染しててコンピューターおかしくなっちゃたり。

うがががが。
私、全然普段完璧主義者じゃないんだよ。
でも辺境中心グローバルスタンダードでいうと
まだまだ「細かい」領域に分類されるらしい。
常識ってのもスタンダードってのも
生きる場所によって全然違う。
柔軟ではあろうと思うけれど
目指すものの質を落としたりはしない
(しかし長い道のり)

なんくるないの精神は人生を楽しむには不可欠ですが
エクセルのフォントは統一してください。
印刷する前にはきちんとプリントプレビューしましょう。
よろしく頼みます。
by miomiomiomion | 2010-10-12 21:38 | お仕事