人気ブログランキング |

世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

役立つ道草

休暇延長してボランティアするつもりだったんですが
いろいろな方のお口添えがありまして
出張扱いで他機関に「出向」という形にしてもらいました。
ありがたやー
3か月は日本にいることになりました。
そしてたぶん、来週から現場入り。

昨日は調整会議の後ちょっと仕事をして
それから仕事仲間(と言っても事務局長と事業部長)と一緒に
現JPO、元JPOの集まりのホームパーティーに行ってきました。

初めてお会いする人も結構いたんですが
知ってる人がたくさんいて
ちょっとした同窓会な感じ。

スリランカでJPO時代に一緒だったNちゃんとか
JCCPで研修を受けた時に一緒だったCさんとか
もともと同じ機関で同じ名前で、
「Mio知ってる?」とお互い言われ続けて
会ったことはなかったんだけれど
存在を知っていてずーっと会ってみたかったMioさんとか
JPOの同期でイタリアで一緒にご飯食べたAさんとか
船の仲間のMちゃんとか

続々続々と。
この業界狭いですからね。

あ、調整会議でも
スーダンで会ったとか
ピースボートで一緒に通訳の勉強したとか
ハルツームでごはん食べたとか
そういう昔の友達や知り合いがいる。

どんだけ世界は狭いんだという援助業界。
悪いことはできません(しませんけど)

世界のいろんな災害現場、復興の現場で働いていたプロたちが
自分の国のために立ち上がっている。
現場に入っている人もたくさんいる。
企業の申し出とか個人で動いている人もあって
枝がぐんぐん伸びている今に、それをまとめる幹の部分を
早急に作り上げるのがこれからの課題。
阪神大震災の時は私は大学生でボランティア参加をして
実際避難所になった小学校で炊き出しやら運搬やらのお手伝いをしたわけだけれど
あれから16年たって、日本も本当に変わったんだなぁという思いがある。
いや、自分も変わったんだけれどね。

個人的なことだけれど
この16年間を考えると、この業界に入る2005年の前にやった
世界一周船の通訳とか、NGOでの勉強会とか
バックパッカーとか、演劇とかミュージカルとか
海外の災害ボランティアとか全て全て役にたっている。

ミュージカルで踊って歌うのだって
全然関係ないように見えるけど
たくさんの人前でしゃべったり会議で人を動かすのが
苦にならずにできるのは、
カラダの鍛錬とパフォーマンスをやってきたおかげ。
海外の災害地でやったボランティアとか
政府事業の船とか
いろんな人に会って一緒に時間をすごしたバックパックな旅とか
そういう「道草」をたくさん食ってきたから
どこでも、いつでも、誰とでも、どういう形でも動くことができる。

ただ英語がしゃべれればいいんじゃなくて、
プレゼンテーションとか
アイデアを形にしていくこととか
全くなんもできあがっていないところに
何かを作り出す作業や
できあがっているものをいろいろ動かしていく共同作業も
今までの「道草」時代にかかわってことが活きている。

無駄になることなんてないんだなぁとつくづく思う。

自分でやるだけでなくて
「あ、こういうのわからないなー」と思ったときに
ちょっと教えてと電話をできる
専門知識をもった仲間がいる。

一緒に働くことになった人が
昔の知り合いだったり友達だったり
友達の友達だったりするから
関係構築がすんごいスムーズ。

今を生きろというけれど
今をよりよく生きるために、
「今を生きてきた」過去を過去の残骸にするんじゃなくて
ちゃんとアーカイブして今につなげておかなければならない。

この震災対応で関わってくる若い人に
いろいろ教えてあげられることもあるし
アイデアをたくさん出して
どんどん行動に移っていかなければいけない今だから
自己管理ちゃんとしないとね。

今日は日曜日だから(帰国後初!)
オフィスにいかないで家族サービス。
あ、私がサービスっていうより
家族から私がサービスを受けてる、という現実。
一緒にコーヒー飲んで、おせんべい食べておしゃべりする。
クリームシチューを一緒に作る。
祖父がきてこれから昼ごはん。

母から「(震災救援をやってる)娘を支えるのが私の震災救援」という
ありがたい言葉を頂戴する。

いろんな人がいろんな形で日本のために立ちあがっている。
がんばろう、日本。
by miomiomiomion | 2011-04-03 11:41 | お仕事