人気ブログランキング |

世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

でもデモ

首相官邸前に13万集まって、原発反対のデモですって?
うーん、やるなぁ、日本にもまだこういう「意見を言う」エネルギーがあったってことだね。
いや、場外にいて、斜め45度で物事言うのは本当は反則だけれど
今の日本に10万を動員して、立ち上がって意見を言おうという気概があった、
ってことに希望を感じる。

それもFBみるかぎり、いわゆる「学生運動世代の生き残り」の方々とか
運動家とか市民運動系の人じゃない、フツーの人、お母さんだったり、
学生だったり先生だったり、そういうちゃんと地に足がついた人が

ここで言わなくては!

という危機感をもって活動している、いいことだなーと思う。

消費税にしても年金にしても法律にしても
国会で、多くの政治化が居眠りしている間に
日本のこれからを左右するようなことが強引に決められたり
放置されたりしているけれど、
「まぁここで私一人が気炎あげても意味ないよね」的な無力感が
社会を霧のように包んでいる。もうここ何年も。
若者は投票に行かないし、
選挙で話題になるのは
美人過ぎるナントカだったり、
スポーツ選手とかタレント崩れだったり、
そんなことばかり。

そういう中でこういうポジティブでダイナミックな動きが
社会を覚醒していくというか攪拌するというか、
ぼんやり思っていたことをはっきり言葉にして
行動にしていく人をみると、こういう行動が
社会の流れを変えていくことってある・できると思う。

ただね、デモはあくまでデモなんだよね、
それが自己表現や自己満足で終わっちゃうんでなくて
単なる不満の発散場所になるんでなくて
みんなの意識を凝縮して、動きにしたあとに
ちゃんと自分の持ち場に帰って
自分のやり方で社会に関わっていくがとても大切。

運動そのものが目的になったらだめなのだ。
こういうのって文化祭とかクラブ活動のノリの究極の形で
「正しいこと」に「みんなが集まって」「何かしている」楽しみにゾクゾクしちゃって
日常生活を忘れちゃうってことが残念ながらある。
運動家になってしまうと社会の接点がちょっとずれる。
日常生活をちゃんと展開しながら
意見をいう機会を確実に生かすこと
やる気のないもしくは悪意をもった政治家に任せておけないよ
ということを伝えること。
で、伝えたあとに、日常に戻って自分の領域でできることをすること。

目指すべき方向は原発をなくすこと
でも

じゃ、私たちの生活を維持するだけの電力はどうやって確保するのか?

という部分がちゃんと計画されないで
ただただ、危ないからNo 原発って叫ぶだけだったら限界がある。
大きなうねりを作って政治にプレッシャーをかけたあとが
本当は一番重要なのだ。

自然の代替エネルギーの研究ってどれくらい進んでいるんだろう。
太陽エネルギーとか風エネルギーとか水力って
今の日本で必要なだけの電力をまかなえるのかな。
まかなえないのなら、何が必要なのかな。

他所の国の成功例とか
企業の協力とか
可能性のある方法論議とか

そういうことに税金が使われるのであれば
国民は文句を言わないはず。

経済的な観点から、ってのが結構ネックなんだろうけれど、
特定個人とか会社じゃなくて、社会全体で「利益」を目指せるようにならないと
もともとリソースのない日本の将来は暗い。
個人で自給自足して、電力を削減してできるレベルの話じゃなくて
政策として、これから10年くらいのビジョンを
出している政党・政治家いないのかな?

原発はなくす、ということを意思表示して
じゃ、具体的になくすために何をしていくべきなのか
ということを私たちはちゃんと勉強しないといけないのです。

大声で叫ぶだけだと
「大きな音ですね」で終わってしまうわけだから。

選挙に行くこと、
いろんな勉強をすること、
そしてそれを回りの人とシェアすること

今の日本は本当に大変な時期にあるんだと思う。

あきらめずに
立ち止まらずに
くさらずに

私ももっと勉強しなくては!
by miomiomiomion | 2012-07-01 23:09 | 社会を斬る