人気ブログランキング |

世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年 04月 26日 ( 1 )

新しき良き時代

書き上げなきゃいけないレポートをやる傍ら
Youtubeで音楽落としておいて
レポート一章終わったら、聴く
「馬ににんじん作戦」で乗り切る夜。

上海万博で話題になった岡本真夜の
「そのままの君でいて」

あああ、この曲リアルで聴いたわー
「Tomorrow」とともに試験勉強のときに。
記憶に違いがなければ、
CDを借りて、お気に入りの曲をテープのA面とB面にぎっしり
入れてたりしたんだ。
いや、待てよ、あれは岡村孝子だったか・・・という流れで
「Believe」と「あなたの夢をあきらめないで」。
・・・これは、高校の一年の時に初めて行った、秋川のカラオケで
M君が歌ってた記憶(選曲がぜんぜん彼っぽくなくて記憶が鮮明)あり。

しかし、昔何度も何度も聴いた曲って
もはや20年とか隔てて、全然聴いてないのに
イントロ流れてくると歌えるのがすごいわ。

最後の言葉を~人の波に消されて♪
これでー全てが終わったの、何もかも。

全然失恋してなかったけど、めちゃめちゃ胸に響いて
泣きながらお風呂で歌ったりした曲←ばか
私の青春No.1曲小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」とか
尾崎の「15の地図」とか
振り付けつきで歌えた「Desire」とか
80年代たのしすぎる!

・・・もはやレポート完全後回し。やばー

最近の曲を、全然フォローしてないのに
「昔はよかった」なんていうつもりないけれど、
尾崎のYoutubeのコメントで
「尾崎さんがいた時代に生まれたかった」とか
比較的最近(2007年とか)書いてる若者がいて、
いやーやっぱりその頃ヒットした歌謡曲には
鮮度の落ちない人間であるがゆえの
強い思いってのがあるんだなぁと思ったり。
まゆげの太さも、ふりふりのドレスも間違いなく80年代だけれど
岡村孝子も、岡本真夜の曲も今聞いても全然いける。
心を込めて歌ってる彼女たちのPVに
じーんときて、がんばってた若かりし頃の自分の断片が
ちょっとフラッシュバックする。

今の若い歌手だと変に「る」の発音がRっぽかったり、(絢香とか)
英語が中途半端に入っていて感情移入が邪魔される。
英語で歌うなら、全部英語にしろと、
「恋に落ちて」2番ならいいけど(しかしあれも今聞くと発音が気になる)

コブクロとかゆずとか
比較的(私の中では)今の人でも好きな曲はあるけれど、
なんていうか、流行だから聴くのでなくて、カラオケで喝采される用でもなくて
ふっと自分が疲れたときに、そっと肩を押してくれる青春の一曲があるっていいね。
Ipodから、突然流れてくると口ずさみたくなるような一曲二曲。

しかし、まじめにハートを打ち抜かれた一曲はこれ。
当時全然ノーマークの一曲。
メジャーはメジャーなんだけど、
みんながかーくん、晃くん言ってたときに
好みの男性が「水谷豊」だったし、
好きな歌手は中森明菜と渡辺美里だったから
私の興味圏がカバーしてなかったんだわ。子どもだったわ・・・
うちの妹が小学校3年生の時にファンだったのを覚えているんだけれど
(本人は覚えてるか謎)
歌はともかく、切れのあるダンスと脚の長さがすごい!

田原俊彦ー抱きしめてTonight

がんがん抱きしめてTonightかけながらレポート完了しました。
ちょっと振り付け覚えたい・・・1人で部屋で踊ってもよろしいですか。

しかし国連コンパウンドだからというのは百も承知ですが
ネットの環境がそろって、
2010年のソマリアで88年の田原俊彦を聴けちゃうってのは、
「新しき良き時代」ですな。
by miomiomiomion | 2010-04-26 03:37 | 社会を斬る