人気ブログランキング |

世界のはじっこでの日常生活。思考生産物の物干し竿。


by miomio

2011年 03月 27日 ( 1 )

金はどこに送るか

今日は朝からコンピューターに向かって月曜日に
サイトにアップする文書の英訳中。
太陽を浴びながらお仕事するのは
気持ちがよい。

さて、いろいろ聞かれる質問の中に

どこに義援金を送ったらよいのか

というのがありますが、
おそらくこういう業界の実情を知っている(であろう)人として
「ちゃんとお金が被災者に辿り着く組織を教えてほしい」ってのが
そのココロなのでしょう。
正直なところ、私も全然エキスパートなわけではなくて
みんなと同様にネットで調べたり
知り合いが働いてたり
同業者の友人がお勧めしてたりするのを
比べてみて
「ここならいいんじゃないか」と思って
支援します。
私がお勧めしたいのは
「自分が支援する分をいくつかにわけて募金する」こと。
たとえば十万寄付するのでも
1か所に十万、ぽんと寄付するのではなくて
5か所、いい活動をやっていそうな団体に
2万円ずつサポートすることで微力ではあっても
現場で必要なさまざまなニーズがカバーされそうだなぁと。
岩手にも福島にも仙台にも、子どもにもおばあちゃんにも
障害を持つ人にも仕事のないおじちゃんにもいってほしいしね。

震災があったら、募金は「日本赤十字」ってのが
基本のキ、みたいな風潮が日本にはありますが
日本赤十字が悪いというわけではなくて
イチローやアムロやらがどどーんと一億円とか五千万とか
あげてるところに
「私がちょっとくらい寄付しても、あんまりインパクトないよね」と
思ってしまうのだけれど
同じ1万円、2万円、数千円を使って
いい活動をしている草の根NGOをサポートするのはありだと思う。

で、国連はどうでしょう?と聞かれるんですが
私個人の考えですが(←強調)
今現場に積極的に入っているのは、国連ではないので
(というのも、国連は政府の要請がないと動けないので)
「今、何か困っている人の力になりたい!」というのであれば
ぜひ各NGO団体のホームページや活動報告書を読んでいただいて
自分の直観や本能やハートにピッ!ときたものに
出すのがいいんじゃないかなと思います。

報告書や、計画書、緊急速報がマメにアップデートされていたり
海外での緊急支援の経験を生かしていち早く現場にはいったNGOや
聴覚障害者や妊産婦などピンポイントで支援をする団体や
火山灰の被災地の宮崎の野菜を直接買い付けして
東北の炊き出しに使うというユニークな支援(いいアイデアだ!)を
ここで紹介します。

コペルニクー緊急津波聴覚障害者支援プロジェクト

JEN―海外でも積極的に展開する日本のNGO①
現場にいち早く入ったJEN。緊急速報のアップデートもタイムリーです。

難民を助ける会海外でも積極的に展開する日本のNGO②

野菜サポーター(被災地NGO協働センター
被災地の宮崎の野菜を東北に送って炊き出しに使うというユニークな支援

ジョイセフ被災地の妊産婦支援

ピースボート(現地派遣の一般ボランティア募集:1週間以上)
ボランティアに参加したい人に

全社協 被災地支援 災害ボランティア情報
まとまった情報量があります

救援情報サイト 助け合いジャパン

本格的に動く来週からいろいろつながりもできてくると思うので
いい情報はどんどん公開していきます。

あとですね、私のブログでも何度か書いていますが
世界で成功している人の習慣として
(ちなみに私のオリジナルではなくていろんな成功ノウハウ本に出てくる”法則”)

自分の収入の1割を他人のために使うと
幸せな金持ちになれる

そうです。
ご参考に。
by miomiomiomion | 2011-03-27 10:08 | 社会を斬る